陥没乳首(陥没乳頭)が原因で起こる病気と予防方法

乳腺炎

陥没乳首(陥没乳頭)は、それ自体は深刻な病気というわけではありませんが、放置しておくとほかの病気を引き起こすリスクを高めてしまう存在でもあります。

陥没乳首(陥没乳頭)が原因で起こりやすい病気とは何か、その病気にならないための対処法とは何か、それらをこの機会に知っておきましょう。

陥没乳首(陥没乳頭)を放置するとさまざまな病気のリスクが増す

陥没乳首放置で起こる乳腺炎と乳輪下膿瘍

陥没乳首(陥没乳頭)自体は深刻な病気というわけではありませんが、本来なら乳首は乳輪から突き出ているべき部分です。乳首が平坦もしくはへこんでしまっていることにより、体のメカニズムに不具合を起こすリスクが高まります。

陥没乳首(陥没乳頭)を放置することによって発生しやすいおもな病気の例として、乳腺炎と乳輪下膿瘍が挙げられます。

特に授乳期に起こりやすい乳腺炎

乳腺炎とは乳腺が詰まってしまう病気のことで、特に授乳期に起こりやすい病気です。陥没乳首(陥没乳頭)の場合は、その陥没が原因でうまく授乳ができないというケースも多い分、より乳腺が詰まりやすいというハンデを背負っています。

膿が出ることもあり再発しやすい乳輪下腫瘍

乳輪下腫瘍は、乳輪の下に膿がたまって痛みやしこりの症状が現れるものです。悪性腫瘍とは異なるものなので、これが生命の危険に直結するということはまずありません。

しかし、乳輪下膿瘍は進行すると膿瘍が破れて膿が出るようになってしまい、さらに膿が出ていったん収まったと思っても再発しやすいというやっかいな特徴を持っています。こうした症状が出る前に予防に努めることが大切です。

陥没乳首(陥没乳頭)が原因で起こる病気の一番の予防は早めの対策

マッサージ

乳腺炎や乳輪下膿瘍の予防方法としてもっとも有効なのは、陥没乳首(陥没乳頭)の改善対策をできるだけ早めに実践することです。

これらの病気の主原因である陥没乳首(陥没乳頭)自体が改善・解消できれば、病気のリスクも大幅に低減できるというわけです。

陥没乳首(陥没乳頭)の症状の改善・解消方法としては、まずはマッサージなどのハンドケアや乳頭吸引器などの対策グッズ使用などが挙げられます。軽度の陥没乳首(陥没乳頭)であれば、これらの対策だけでも問題が改善・解消できる可能性がありますので、まずはこれらの手段を数ヶ月試してみましょう。

マッサージや対策グッズをしばらく続けても効果が見られない場合は、病院での手術治療で陥没乳首(陥没乳頭)を根本的な部分から治すことをおすすめします。

マッサージや対策グッズを試すことなくいきなり手術をするという手もありますが、手術である以上ある程度のリスクは発生しますし、術後のケアにも気を使う必要があります。あくまで手術は最終手段として考え、できればその前にもっと手軽な手段を試しておくことをおすすめします。

手術なしで陥没乳首(陥没乳頭)が改善・解消できれば、それが一番理想的です。

陥没乳首(陥没乳頭)によるリスクを避けるためにも早めの対策を

陥没乳首(陥没乳頭)の状態を放置すればするほど、乳腺炎や乳輪下膿瘍などといった疾患のリスクも高まってしまいます。

これらの病気にならないための予防策としては、その主原因となる陥没乳首(陥没乳頭)をできるだけ早く改善・解消することが効果的です。マッサージや吸引器などの使用だけで陥没乳首(陥没乳頭)の問題が改善・解消されるケースも少なくありませんので、まずはこうした手段から始めてみましょう。

この記事の監修者

この記事の監修責任者

陥没乳頭改善ピュアナス開発事業本部

陥没乳頭で悩む方へ専門医と連携し陥没乳頭改善・専用バストクリームの
ピュアナスを2016年より開発、2017年3月に発売。
「世の中の女性をもっと美しく。」独自企画・開発した本物の商品をお届する為、
日々研究開発を行っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事