陥没乳首(陥没乳頭)の手術費用と保険適用

陥没乳首の手術費用と保険適用条件

陥没乳首(陥没乳頭)の手術は、刺激しても全く乳首が突出しないという重度な状態でもかなりの確率で改善を期待できる方法です。しかし、気になるのが手術費用や保険適用はされるのかといった点です。

こちらで詳しく解説しますので、気になる疑問を解決していきましょう。

陥没乳首(陥没乳頭)は条件によって保険適用される可能性がある

陥没乳首(陥没乳頭)は、条件によっては保険適用される可能性があります。

陥没乳首(陥没乳頭)の保険適用のための条件はいくつかありますが、

  • 授乳に実際に支障をきたしている
  • 将来的に授乳に支障をきたす可能性が高いと医師が判断した

という状況であれば、保険適用される可能性が高くなります。

逆に、

  • 閉経しているなど出産の見込みがない
  • 授乳に支障をきたすほどではない
  • 乳首の形を理想どおりの形にしたいなど美容目的の手術である

といった場合は保険適用外となります。

保険適用の手術を行っていないクリニックもあるので注意が必要

医師

授乳に支障をきたす場合などは保険適用される可能性が高いとはいえ、そもそもクリニック自体が健康保険適用の手術を取り扱っていないケースもあります。

特に美容外科については、健康保険適用の手術を取り扱っていないクリニックも多数あります。

保険適用による手術を受けたいのであれば、検討しているクリニックが陥没乳首(陥没乳頭)の保険適用手術にも対応してくれているかどうかについても、事前にしっかり確認しておきましょう。

陥没乳首(陥没乳頭)の手術費用相場は数万円から50万円程度と幅広い

陥没乳首(陥没乳頭)の手術は、保険適用されるかどうかという違いに加え、手術方法にもいくつかの種類があります。そのため、手術費用の相場はかなり幅広くなります。

まず、保険適用される場合は、片側の乳頭のみなら数万円程度、両方でも5万円~10万円弱ぐらいの自己負担で済むケースが大半です。

保険適用されない場合は、片側の乳頭のみなら10万円~30万円弱、両方で20万円弱~50万円程度が手術費用の相場です。両方の相場の平均的な費用はおおむね30万円前後といったところです。

陥没乳首(陥没乳頭)の手術をするなら保険適用の可否に注目

陥没乳首(陥没乳頭)の手術にかかる費用は幅広いですが、保険適用されるかどうかによって、かかる費用が大きく異なってきます。

特に保険適用されない場合の手術費用はクリニックによって大きな差がありますが、両乳首でおおむね30万円前後が標準的な相場です。

陥没乳首(陥没乳頭)の状態自体が保険適用できる条件に当てはまっていたとしても、クリニックによっては保険適用手術を取り扱っていないところもありますので、この点はくれぐれも事前確認を忘れないように注意しましょう。

この記事の監修責任者

株式会社ピュアナス カスタマーサポート&広報担当 三上美羽

専門医と連携した陥没乳頭改善クリーム「ピュアナス」で、ご利用中のお客さまのサポートや広報活動を担当しています。 ピュアナスは2017年3月より販売開始以来、これまでに2万人以上の方にご愛用頂いている実績のあるアイテムです。 人にはなかなか聞けないバストケアのお悩みや疑問を同じ女性の立場から、これまでに頂いたお客さまのご意見も採り入れわかりやすくご紹介いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事