誰でも無料で簡単に陥没乳頭(陥没乳首)をマッサージで治す方法

陥没乳首の治し方

陥没乳頭(陥没乳首)は自宅でのマッサージによって改善することも可能です。
ここでは陥没乳頭(陥没乳首)の改善に有効なマッサージとそのポイントを紹介いたします。気になっている方は、是非早速実践してみてくださいね。

初めに、乳首を出すマッサージ

陥没乳頭(陥没乳首)を改善するためにはまず乳首を出すマッサージを行う必要があります。
仮性の陥没乳頭(陥没乳首)の場合は指で乳首の部分をつまむことで引っ張り出すことができます。

乳輪に人差し指、中指をあててみましょう。このとき、乳首に対して指を直角にあてます。優しく乳首周りを押し、乳首が出てきたら軽く引っ張りましょう。
この引っ張る作業を5回程度行ってください。
乳首を引っ張り出すことで陥没してしまったままの状態から乳首を出しやすい状態になり、次のマッサージも行いやすくなります。

上下左右から挟むマッサージ

乳首を引っ張り出すことができたら、今後は上下左右から乳首を挟むマッサージを行います。
人差し指と親指で乳首をつまんだら、まずは上下に5回ずつ、3秒から10秒程度優しく圧をかけてください。
この長さは乳首の硬さによって調整する必要があります。柔らかい状態なら3秒程度。

固くてなかなか乳首が出てこないような方は10秒程度しっかり挟むようにしましょう。
痛みがある場合は無理をせず、ゆっくり時間をかけて行うか回数を減らしてみてください。
上下に挟むマッサージが完了したら、同じように今度は左右から挟み込み、しっかりマッサージを行ってください。

乳首をねじるマッサージ

最後に乳首をねじるマッサージを行います。人差し指と親指で乳首を挟んだら、ティッシュでこよりを作るときのように乳首をねじっていきましょう。右方向、左方向、どちらも同じようにおこなってください。
同じ部分だけを挟んでいると痛みが強くなってしまいますので、つまむ位置を変えつつ小刻みに行うようにしてください。

陥没乳頭(陥没乳首)をマッサージするときのポイント

susen
マッサージは乳輪が柔らかくなっているお風呂上がりなどに行うのがおすすめです。
体が温かいうちにクリームなどを塗って優しくマッサージを行うようにしましょう。

陥没乳頭(陥没乳首)を治そうと無理に強いマッサージをすると、切れて化膿してしまうこともあります。
あくまで優しく無理のない力で行い、強くするよりも毎日継続して行うことを念頭に続けるようにしてください。

また、マッサージを行うときは清潔な手で行うことも忘れずに。
乳首はデリケートな部分ですので、爪や指先もしっかり手洗いを行ってからマッサージに挑みましょう。

乳首が固くてなかなか出てこないという場合は無理に刺激すると傷ついてしまうかもしれません。
吸引器など専門器具を使って優しくアプローチすることを忘れずに。

乳首が出てこないときはピュアナス!

乳首が固くて出てこないという場合は、アイテムに頼るのもおすすめです。
ピュアナスは陥没乳頭(陥没乳首)の治療のことを考えて作られたホームケア用クリーム。

硬くなった乳輪付近を柔らかくして、乳首を出しやすくしてくれます。
エタノールやシリコン、パラベンなども使用していない安心安全の国産クリームと吸引器がセットになっているため、デリケートな乳首には最適なアイテムと言えます。

普通のボディクリームなどを直接乳首に塗るのは怖いという方も、ピュアナスなら安心ですね。
お得に購入できるコースなどもありますので、ぜひチェックしてみてください。

継続が大切です!

マッサージで一番大切なことは、毎日コツコツ続けることです。
効果があまり感じられないような時には専用アイテムも利用しながら、陥没乳頭(陥没乳首)をケアしていきましょう。

ピュアナス【お得な定期お届けコース】
※キャンペーン中
通常価格 10,800円(税込) →定期購入価格 7,980円(税込)

「ホームケアで陥没乳頭改善はピュアナスだけ!」陥没乳頭改善クリーム専用のピュアナスなら手術の必要はありません。
ただいま、定期コース新規お申込の方に限り、7,980円(税込、送料無料)キャンペーン実施中です!さらに定期コース新規お申込の方にもれなく乳頭吸引器を無料でプレゼント中です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事