陥没乳首(陥没乳頭)による乳腺炎とは?

乳腺炎の症状

乳腺炎は、陥没乳首(陥没乳頭)の人に起こりやすいといわれています。ここでは、乳腺炎とはどんなものなのか、また治療法についてご説明します。

乳腺炎は乳腺に炎症が生じて痛みや腫れなどをともなう病気

乳腺炎は、乳管につながっている乳腺(母乳を作りだすための線)が何らかの理由で炎症を起こし、乳房に痛みや腫れ、しこり、場合によっては微熱などの症状が出る病気です。

乳腺炎は母乳が詰まってしまうことで起こるケースがもっとも多いため、母乳授乳を開始してから数週間の期間、つまり母乳を出すことにまだ体が慣れきっていない期間が、もっとも乳腺炎のリスクが高い時期とされています。

母乳による乳腺の詰まり以外の乳腺炎の理由としては、細菌や雑菌が原因で炎症を起こしてしまうケースや、下着の締めつけが強すぎて乳腺の通りを阻害してしまうケースなどが挙げられます。

陥没乳首(陥没乳頭)の人は特に乳腺炎になるリスクが高いとされていますが、理由としては、乳頭が乳輪に埋もれてしまっているので詰まりが起きてしまいやすいことや、乳頭が埋もれており清潔に保つことが難しく、細菌・雑菌による炎症リスクが高くなってしまうことなどが挙げられます。

乳腺炎の治療の基本は抗生物質

薬の服用

乳腺炎の治療では、基本的に抗生物質を服用することになります。授乳中に乳腺炎になってしまった場合、抗生物質が赤ちゃんに悪い影響を与えるのでは、と自己判断で抗生物質の服用を途中でやめてしまう人もいますが、これは再発のリスクが非常に高くなるので、抗生物質は処方された分はすべて使いきる必要があります。

授乳中の乳腺炎に対しては、授乳中でも服用できる抗生物質をきちんと医師が選んで処方してくれますので、深刻に考えすぎる必要はないでしょう。

乳腺炎がひどくなると切開手術が必要となるケースも

乳腺炎がひどくなってしまうと、炎症部分に膿をともなう急性化膿性乳腺炎となってしまい、こうなると患部の腫れがひどくなるだけでなく、色も赤紫色っぽく変化していきます。

ここまで進行してしまった場合、もはや抗生物質で治すことはできません。膿を注射器で吸引するか、最悪の場合、メスで切開手術を行う必要が出てくることもあります。

乳腺炎を進行させないためには、早期発見・早期治療が大切です。「急に乳房に痛みを感じるようになった」「乳房に圧迫感やチクチクとした違和感がある」「もう片方の乳房と比べて腫れているような気がする」などのサインを感じたら、すぐに医師に相談してみましょう。

陥没乳首(陥没乳頭)だと乳腺炎になりやすいことを理解して早期発見・早期治療を

陥没乳首(陥没乳頭)の人は、乳頭が乳輪に埋もれているため詰まりやすい、清潔に保つのが困難なので細菌・雑菌による炎症も起きやすいということで、乳腺炎になってしまうリスクが特に高いといわれています。

陥没乳首(陥没乳頭)である=乳腺炎になりやすい要素を持っている、ということを理解し、もし乳腺炎になったとしても早期発見できるよう、痛みや違和感、腫れなどのサインを見逃さないように心がけましょう。

この記事の監修者

この記事の監修責任者

陥没乳頭改善ピュアナス開発事業本部

陥没乳頭で悩む方へ専門医と連携し陥没乳頭改善・専用バストクリームの
ピュアナスを2016年より開発、2017年3月に発売。
「世の中の女性をもっと美しく。」独自企画・開発した本物の商品をお届する為、
日々研究開発を行っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事