突然の陥没乳頭(陥没乳首)は病気が原因の可能性も!ケース別に解説!

突然の陥没乳首

陥没乳頭(陥没乳首)は、乳腺や乳管が未発達なまま乳房が大きくなり、乳房の中に引き込まれていくことで発生する症状です。

多くは生まれた時~思春期にかけて起こりやすいのですが、大人になってからある時突然、乳頭が陥没してしまうこともあります。

  1. 病気が原因で発生するケース
  2. 妊娠が原因で発生するケース

そのようなケースは病気が原因で起きている可能性も考えられるため、その内容をご紹介致します。

病気が原因で陥没乳首になる2つのケース

ある日いきなり陥没乳首になった場合は、「乳がん」や「乳腺炎」といった病気が原因の可能性があるので要注意です。

1.乳がんによる「しこり」が原因のケース

一般的に、乳がんになると胸に「しこり」ができます。

このしこりが乳頭部近くに発生すると、皮膚が内側に引っ張られて乳首が乳房に入り込んでしまい、乳首が陥没したように見えます。

そのため、突然に乳頭が陥没した場合は、乳がんを疑いましょう。

もちろん、必ずしも「突然乳首が陥没した=乳がん」ではありませんが、可能性は考えられますよ。

乳房に「しこり」が無かったとしても、できるだけ早めに医療機関で医師の診察を受けることをおすすめします。

2.乳腺炎が原因のケース

乳房にしこりが出来て陥没する症状は、乳がんだけではなく「乳腺炎」の可能性もあります。

乳腺炎は「妊娠や授乳期にだけなるもの」と思われがちですが、実は「慢性乳腺炎」といって、乳管に角質や脂肪が詰まることで発生する症状もあります。

慢性乳腺炎は、乳輪の下に痛みを伴う硬いしこりが形成され、腫れが起きたり、膿が出たりといった症状を何度も繰り返すつらい症状です。

慢性乳腺炎は元々陥没乳首の人がなりやすい病気ですが、逆に、この病気によって乳首が陥没することもあります。

痛みもありそのまま放置する方は少ないでしょうが、突然の陥没乳頭は慢性乳腺炎の合図ともいえるので、疑うようであればそのままにせずなるべく早く医師の診察を受けることをおすすめします。

2つのケースの違いは「痛み」や「硬さ」で見分ける

乳腺炎は激しい痛みを伴うケースが多いですが、乳がんによるしこりは痛みがないことが特徴です。

また、乳がんのしこりは、押しても潰れたり動いたりせず、皮膚の裏側に張り付いているようなものが多いです。

一方、乳腺炎によるしこりは、押すと弾力があるため触るとはっきり分かることが多いといわれています。

それぞれの症状の特徴をまとめるとこのような違いがあります。

症状 乳がん 乳腺炎
痛みは? ほとんどない
(痒みやただれがあるケースも)
痛みがある
(激痛のケースも)
押すと? 潰れない・動かない 弾力がある
しこりを触った感じは? 皮膚の裏側に張り付いている感じ はっきりしこりがわかる
胸全体がガチガチに固い

このように違いがはっきりしているので、「乳がんによるしこりか」、「乳腺炎によるしこりか」はある程度自分で見分けることも可能です。

ただし、非常に稀ですが乳腺炎に隠れて乳がんが潜んでいるケースもあるので、必ず医療機関で診察・検査を受け、きちんち判断をしてもらいましょう。

次に、妊娠が原因で陥没乳頭が発生するケースをご紹介します。

病気ではなく妊娠中のバストアップで乳首が埋もれることも

妊娠中は、授乳に備えて女性ホルモンが急増し、乳腺が刺激を受けます。

乳腺を守るために乳房内に脂肪が増え、バストのボリュームが1〜2カップ分UPすることも珍しくありません。

しかしバストのボリュームUPをする一方で、乳管はそのままの状態なので、乳房に乳首が埋もれて、陥没乳頭になる場合があるのです。

この場合は、病気ではないのであまり気にする必要はありませんが、気になる方は妊婦検診の際に助産婦へ相談してみるといいでしょう。

また、自分でできるセルフケアとして乳頭マッサージも一つの対策方法になります。

妊娠前から乳頭マッサージをして乳頭を柔軟にしておく

乳頭が硬いとバストに埋もれやすく、授乳の際に赤ちゃんも飲みにくくなります。

できれば妊活中の時期から毎日マッサージを続けることで、乳頭の血流がよくなり、乳頭が柔らかくなると共に、乳管も成長するため、陥没乳頭を防ぐことができる可能性があります。

陥没乳頭マッサージの方法は簡単です。

  • 乳首に使ってもやさしい馬油や保湿オイルなどのクリームなどを使って乳首および乳輪・乳輪周辺に塗布する。
  • 乳輪から乳首を押し出すような意識でつまんで10秒程度圧力をかける。
  • 乳頭吸引器があれば、数十秒~1分程度、乳頭を吸引する。(乳頭吸引器がない場合は、乳輪から乳首を押し出すような意識のつまみを縦方向・横方向に繰り返す。)
  • クリームをもう一度乳首などになじませながら塗布し、乳首を指でつまんで「こより」を作るように左右に軽くひねるようなマッサージを数十秒~1分程度実施する。

1日2回朝晩マッサージをし続けていると、妊娠時の急な陥没乳頭にも対応することができるでしょう。

さらに詳しいマッサージの方法については、こちらのページもチェックしてみてください。

すでに妊娠されている場合は、お腹が張ってしまったりすることもあるので、行う前に産婦人科で相談することをおすすめします。

異常を感じたら早めに医療機関を受診しましょう

このように、妊娠中をのぞいて突然陥没乳首になった場合は病気が原因の可能性もあります。

不安を抱えている場合は、早めに医療機関で診察を受けることをおすすめします。

妊娠前から続いている陥没乳首の場合はピュアナスを使って陥没乳首をケア

妊娠前からの生まれつきの陥没乳首でお悩みの方の場合、陥没乳頭改善クリームである「ピュアナス」を使ってケアすることにより、陥没した状態を改善できる可能性があります。

ピュアナスには、

  • 乳首の成長と形を整え、くぼみを解消できる成分
  • 乳首に発生しやすい細菌の発生を予防する成分

の働きによって、バストトップのトラブルをいちどに解消できるアイテムです。

具体的には…

乳首の形を整える3つの働き

そもそも生まれつきや成長途中にくぼみや凹みが起こってしまうのは、乳房の成長に乳管の成長が追いつかず、内側に引き込まれてしまうことが原因です。

陥没乳首の原因

正常に戻していくために、

  1. 乳首の成長をサポートする女性ホルモンを活性化するはたらき
  2. くぼみがなくなるように乳首の柔軟性を高め、乳頭を出やすくはたらき
  3. 乳首の大きさを整える血行促進のはたらき

この3つのはたらきによってくぼみを解消し、理想の形へとキープすることができるのです。

そのために、ピュアナスはさまざまな天然成分を配合しています。

ケア成分

垢や汚れも同時にケアできる!

さらにピュアナスには、日々発生しやすい垢や汚れもケアできる成分が多く配合されています。

  • 汗の抑制や殺菌作用で垢の繁殖を抑えるシャクヤクエキス、カワラヨモギ花エキス
  • ニオイの発生を予防する柿タンニンエキス
  • 自然な香りとうるおいをあたえる天然ローズ油

ほかにも正常な肌機能を促進したり、美白成分の配合によって、黒ずみや色素沈着も同時にケアすることが可能です。

日々の汚れや垢のケアを行いながら、乳首を正常な大きさに近づけ、汚れや垢がつきにくい理想の形にキープしてみませんか?

においや刺激もなく、妊娠~授乳中でも安心して使える

透明でなじみやすいジェル状のテクスチャで、強い刺激もなく、ほのかなローズの香りがただよう塗り心地が特徴です。

陥没乳頭の状態が続いていると、垢や汚れがつきやすいだけでなく、授乳がしにくくなるなどの悪影響を及ぼすといわれています。

このため、陥没乳頭を根本的に改善することがさまざまなトラブルを解決できることにつながります。

ピュアナスは天然成分のみの配合となっているため、妊娠~授乳中でもお使いいただくことが可能です。(ご心配な方は念のため産婦人科の医師にご相談ください)

初回2,980円でスタート!30日間全額返金保証も。


より多くの方にピュアナスの効果を実感して頂くために、ただいま公式サイトだけの限定で「定期モニターコース」を実施しています。

初回限定に限り、通常価格が11,000円のところ、73%割引の2,980円でお使いいただけます。

さらに商品がお気に召さない場合でも安心な30日間の全額返金保証付き。

そのまま続けて頂く場合でも、お好きな回数で自由に解約できます。

満足頂ける自信があるからこそ提供できる「定期モニターコース」をぜひチェックしてみてください。

汗をかいた後のケアと食生活にも気をつけて

この記事の監修責任者

株式会社ピュアナス カスタマーサポート&広報担当 三上美羽

専門医と連携した陥没乳頭改善クリーム「ピュアナス」で、ご利用中のお客さまのサポートや広報活動を担当しています。 ピュアナスは2017年3月より販売開始以来、これまでに2万人以上の方にご愛用頂いている実績のあるアイテムです。 人にはなかなか聞けないバストケアのお悩みや疑問を同じ女性の立場から、これまでに頂いたお客さまのご意見も採り入れわかりやすくご紹介いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事