このエントリーをはてなブックマークに追加

陥没乳首を治さないとこうなる!?4つのリスクを解説

陥没乳首によるリスク

最近、特に若い女性に増加傾向がみられる「陥没乳首」。陥没乳首の症状がある方の中には、こう思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「陥没乳首でも、別に生活するのに困るわけじゃないし…」
「手術なんてお金もかかるし、傷だって残るんじゃない?」

確かに陥没乳首は絶対に治療しなければいけない、というものではありませんし、陥没乳首だからといって日常生活に支障をきたす、というわけでもありません。
しかし陥没乳首を治療しないままでいると、いくつかのリスクが生じることも事実です。

今回は、陥没乳首を治療しないままでいると起こり得るリスクを4つご紹介します。

リスク1. 見た目がコンプレックスになって色々なことを楽しめない

乳頭部分は日常的に人目に晒す場所ではありませんから、その見た目もさほど気にしなくてもいいかもしれません。

しかし、友人と一緒に温泉旅行に行くときなどはどうでしょうか。人の胸元はあまりジロジロと見るものではありませんが、変に隠そうとすると余計に気になってしまうものです。

また、本人も見られているのでは?と気にしていては、思う存分楽しめませんよね。

他にも、トレーニングジムやプールなどで着替える時や、恋人ができた時はどうでしょうか。陥没した乳首を見たら、変に思われるのでは、嫌われてしまうのでは?などと不安になってしまい、色々なことに自信を持ってチャレンジできなくなってしまう可能性も考えられます。

リスク2. 「真性の陥没乳首」の場合は授乳が難しいケースも

授乳

いずれ子どもを産み育てることを考えている方の場合、避けて通れないことが「授乳」です。もちろん人工乳で育てるという選択肢もありますが、母乳で育てるメリットもたくさんあります。

初乳(赤ちゃんが生まれてすぐに与える母乳)には、栄養の高さ、赤ちゃんの免疫力を高めてくれる、といったメリットがあります。病気など何らかのやむを得ない事情がない限りは、そのメリットを放棄するのは勿体ないと言えます。

しかし、陥没乳首の方の場合は「母乳で育てたいけど、陥没した乳首でも赤ちゃんがちゃんと吸い付けるの?」といった不安もありますよね。
刺激を与えると一時的にでも表に出てくる「仮性の陥没乳首」であれば、何らかの方法で乳首を表に出してから赤ちゃんに吸い付かせれば、特に問題はないでしょう。

また、赤ちゃんの吸引力は意外に強いので、「授乳しているうちにいつの間にか陥没乳首が改善された」というケースもあります。

しかし、刺激を与えても変化がない「真性の陥没乳首」場合、授乳は難しいケースも多いです。人によっては母乳の量が多く、頻繁に吸わせないと胸がはって痛みを伴うこともあります。このようなリスクが気になる方や、「真性の陥没乳首だけど母乳で育てたい」という方は、妊娠前に陥没乳首を改善しておくことをおすすめします。

リスク3. 不衛生になりやすく、炎症を起こす可能性も

陥没乳首は「乳首が乳輪部分に潜ってしまっている」状態のため、垢や汚れが溜まりやすくなっています。そのため、衛生的にいい状態だとは言えません。また、垢や汚れが溜まると当然、痒みが起きやすくなります。

乳首周辺の皮膚はデリケートなので、強く掻くとすぐに傷がついてしまいますし、その傷口から菌が入ってしまい炎症を起こす可能性もあるのです。

また、垢や汚れが溜まると、どうしても臭いが出てきてしまうこともあるでしょう。臭いは、女性にとっては特に気になる問題ですよね。こうしたリスクを回避して気持ちよく毎日を過ごすためにも、陥没乳首は治療しておいたほうが安心です。

リスク4. 炎症が悪化して病気に発展するケースも

胸の炎症

リスク3で、乳首周辺の皮膚が炎症を起こすリスクについて解説しましたが、この炎症が悪化すると「乳腺炎※」や「乳輪下膿瘍※」などの病気に発展する可能性もあります。このようなケースでは、高熱や激しい痛みを伴い、病院での治療が必要となる場合も。

また、授乳中は赤ちゃんの口から菌が入ったり、母乳の飲み残しがあったりして、陥没乳首でない方でも乳腺炎になることが多くなります。先述した通り、陥没乳首の場合はもともと乳腺炎などの病気になるリスクが高くなっています。

そのため、出産の予定がある方はもちろん、そうでない方でも安心はできません。病気のリスクをなくすには、陥没乳首をきちんと治療することが大切なのです。

  • 乳腺炎…乳腺に入った雑菌などにより炎症が起こるもの
  • 乳輪下膿瘍…化膿性の乳腺炎が悪化し、乳輪の下にうみが溜まるもの

陥没乳首の手術には健康保険が適用されるケースも

陥没乳首をそのまま放置することによるリスクをご紹介してきましたが、「やっぱり手術をするのは費用もかかるし、傷が残らないか不安…」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、「40歳以下で授乳予定のある、真性の陥没乳首」という条件をクリアすれば、手術に健康保険が適用されるため、費用の負担を軽減できます。また、傷口が目立ちにくい手術法もありますから、一度美容外科やクリニックなどに相談してみるといいでしょう。

また軽度の陥没乳首であれば、病院で手術するだけではなく、吸引器を使う、陥没乳首専用のクリーム使う、といった自分でできる改善方法もあります。

陥没乳首をきちんと治療して、健康、美容、出産など、様々な面で安心して毎日を過ごしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事