このエントリーをはてなブックマークに追加

陥没乳首が原因で乳腺炎になるメカニズムと治療法について

乳腺炎の原因

「乳腺炎」とは、母乳を作り出す器官である「乳腺」が炎症を起こすことです。乳房が赤く腫れる、膿が出る、強い痛みを伴うといった症状があらわれます。

授乳時のトラブルとして有名な乳腺炎ですが、実は陥没乳首が原因で発症するケースもあるのです。

陥没乳首が原因で起こる乳腺炎のメカニズムや治療方法について、詳しくご説明いたします。

陥没乳首によって発症することが多い「慢性乳腺炎」

乳腺炎には大きく分けて以下の3つのタイプがあります。

  • 「急性うっ滞性乳腺炎」
  • 「急性化膿性乳腺炎」
  • 「慢性乳腺炎」

「急性うっ滞性乳腺炎」と「急性化膿性乳腺炎」は、授乳期に起こるものです。
一方「慢性乳腺炎」は授乳とは関係なく、陥没乳首が原因となって発症するケースが多いです。

こちらの記事では、この「慢性乳腺炎」について詳しく解説します。

慢性乳腺炎は、乳頭部の下で繰り返し起きる炎症

慢性乳腺炎は若い女性に多く見られる症状です。乳輪の下に痛みや硬いしこりができて腫れる・膿が出るなどの症状を何回も繰り返して慢性化していきます。発熱や悪寒が伴い、うつ伏せに寝られないほどの激痛が走ることもあります。

慢性乳腺炎を発症するメカニズム

慢性乳腺炎を発症するメカニズム

慢性乳腺炎になるメカニズムは、以下のとおりです。

  1. 陥没乳首を放置していたために乳輪の凹んだ部分に角質などの汚れがたまり、雑菌が増殖する
  2. 陥没した乳首から乳管を経由して体内に入った角質がつまり、細菌感染が起こる
  3. 乳管の先にある乳腺でコロニー(溜まり場のようなもの)を形成した菌が乳腺炎を引き起こす

このように、乳腺でコロニーを形成した菌が炎症、膿を引き起こし、乳管を突き破って皮膚表面へと伸びる瘻孔(ろうこう)※から膿や分泌物が排出されます。膿がたまった膿瘍(のうよう)※は自壊することもありますが、壊れてはまた作られる、というように何度も繰り返します。

以前、急性化膿性乳腺炎にかかった経験があり、その時に適切な治療を受けていない場合は、それが引き金となって発症することもあるので注意しましょう。

  • 瘻孔…炎症などによって皮膚や内臓に生じる管状の穴
  • 膿瘍…細菌が作り出した膿の溜まっている袋

根本的な解決策は膿瘍と瘻孔の「完全切除」

手術で切除

一時的に炎症を鎮静させるには、抗生剤が効果的です。しかし、細菌のコロニーとなってしまっている乳腺と、皮膚との間に作られたトンネル状の穴・瘻孔が残っている限り、再び炎症を起こす可能性は極めて高いといえます。

根本的に解決するには、膿の溜まり場となっている膿瘍と、感染してしまった乳腺、皮膚までのトンネルである瘻孔をまとめて切除しなければなりません。

また、再発防止のためには、陥没状態の乳首が外に出るように併せて手術をしたほうが良いでしょう。陥没乳首でなくなれば、周辺の皮膚のくぼみに汚れがたまることもなくなります。

一度切除してからも、しばらくは何度か膿が溜まることがあります。その都度膿を取り除き、清潔を保つために消毒しましょう。

慢性乳腺炎の予防は「清潔第一」!

慢性乳腺炎を予防するには、乳頭周辺を清潔に保つことが何よりも大切です。他のタイプの乳腺炎と同様に、和食中心のヘルシーな食事を心がけるようにして、乳腺が詰まることを防止しましょう。

また、陥没乳首の手術を受けて、乳管の形成不全を治すこともかなり効果的と言えます。慢性乳腺炎は再発する可能性も低くありません。

もしも再び発症した時には、きちんと治療を受けて、完治させることが重要です。乳腺炎が慢性的になっているかも…と不安な方は、早めに医師へ相談しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事