このエントリーをはてなブックマークに追加

乳がんが原因で陥没乳首に?急に、片方だけ…は注意!

片側だけ乳がん

「ある時、気がついたら乳首が陥没していた…」

もしかするとそれは、乳がんのサインかもしれません。乳首が引っ込んで乳輪の中に埋もれている「陥没乳首」には様々な原因がありますが、どういった場合は乳がんの可能性が考えられるのでしょうか?

詳しく解説します。

「急に」「片方だけ」乳首が陥没した時には要注意!

本来ならば表に出ているはずの乳首が陥没しているということは、乳頭部分にある乳管(母乳を乳首に運ぶための管)に何らかの異常が起こっている可能性が考えられます。その理由は様々で、先天性の場合もあれば、後天性の場合もあります。

しかし、その中でも特に気を付けなくてはならないのは「今まで陥没していなかったのに、気がついたら片方だけ埋もれてしまっていた」場合です。

それは、乳がんのサインかもしれません。

  • 乳首が平らになって凹みができている
  • 乳頭部周辺の皮膚が炎症を起こしている
  • 乳頭部分が痒い、ただれがある
  • 乳首の周辺にしこりがある

以上のような症状がある場合は、乳がんが原因で陥没乳首になっている可能性が考えられます。なるべく早く乳腺外来などがある医療機関で診察を受けましょう。

乳がんが陥没乳首を引き起こすメカニズム

では、なぜ乳がんによって陥没乳首が引き起こされてしまうのでしょうか?
乳がんが陥没乳首を引き起こすメカニズム

ガンによって皮膚の表面近くに腫瘍ができると、皮膚がひきつれる、エクボのようなくぼみができることがあります。
乳がんによってできた腫瘍が乳頭部の下あたりにあった、またはそこまで広がってしまった場合は、それまで表に出ていた乳首ごと皮膚を引っ張り込んでしまうことがあります。すると、外から見ると乳首が陥没したように見えるのです。

これが、乳がんによって陥没乳首になる原因です。

腕を上げると乳頭にできた凹みがわかりやすい

「自分の陥没乳首は乳がんが原因じゃないか?」と不安な方は、鏡の前で腕を上げて乳房や乳頭に凹みがないか確認してみましょう。凹みがあった場合は、先述したように腫瘍が皮膚を引っ張り込んでいる可能性があります。

くぼみが大きくなると、腕をおろした状態でも凹みがわかるようになってきます。
また、見た目では分からなくても、しこりを中心にして周囲の皮膚を寄せるように大きくつまめば、わずかに凹みが分かる場合もあります。(※乳がん全てにこの徴候が見られるわけではありません)

凹み以外では、乳首が曲がる、汁が出るといった症状が見られるケースもあります。

「陥没乳首=乳がん」ではないけど、早めの受診を

生まれつき陥没乳首だった場合は、乳がんの可能性は低いでしょう。
しかし、自己判断で「乳がんじゃないから…」と放置してしまうことは大変危険です。

不安な方は、なるべく早く乳腺外来がある医療機関を受診しましょうね。
乳がんは早期発見できれば治せる病気です。気になることがあった時は先延ばしにせず、まずは検査を受けるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事