このエントリーをはてなブックマークに追加

陥没乳頭(陥没乳首)で悩む中学生必見!基礎知識から自分でできる治療法まで解説

中学生の陥没乳首の悩み

女性の10%が悩んでいるという陥没乳頭(陥没乳首)。もちろん、中学生で悩んでいる方もたくさんいます。実際に悩んでいる方の声としては、このようなものが。

「中学3年生です。陥没乳頭(陥没乳首)で悩んでいます。真性と仮性というのがあるみたいですが、どっちかよく分かりません。
敏感になっている時は乳首の形が少し見えたり、胸を張るようにすると少し乳首が出てきます。
修学旅行の時に陥没乳頭(陥没乳首)の子を見つけたのですが、顔を知っているぐらいなのでこんなこと聞けないし、大人になってから手術というのも怖いです。」

中学生というと、特に周りの目が気になる多感な時期です。この方と同じように、なかなか誰にも相談できず一人で悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
今回は、同じようなお悩みを持つ方のために、陥没乳頭(陥没乳首)の基礎知識から自分でもできる改善方法をご紹介したいと思います。

陥没乳頭(陥没乳首)には仮性と真性の2種類がある

不安そうな表情の女性
上でも出てきましたが、陥没乳頭(陥没乳首)には「仮性」と「真性」の2種類があります。その違いは以下の通りです。

刺激したり引っ張ったら出てくる「仮性陥没乳頭(陥没乳首)」

仮性の陥没乳頭(陥没乳首)は、手で触る・吸引器を使うなどして刺激を与えると表へ出てくる、軽〜中程度のものです。

仮性の場合は刺激を受けて乳首が出てきても、時間が経つとまた元の状態に戻ってしまいます。
しかし真性に比べると陥没の状態が軽いので、手術などをしなくても治る可能性が高いです。

何をしても出てこない「真性陥没乳頭(陥没乳首)」

真性の陥没乳頭(陥没乳首)は、触ったり刺激を与えたり、いろいろな方法で引っ張ったりしても、どうしても乳首が出てこない状態のことです。

真性の陥没乳頭(陥没乳首)はマッサージといったセルフケアで改善することは少なく、最終的には手術しないと治らないケースが多いです。

陥没乳頭(陥没乳首)を放っておくと起こる2つのリスク

陥没乳頭(陥没乳首)の悩みは周囲にもなかなか相談しづらいですから、気になりながらもついついそのまま…という方も多いのではないでしょうか?
しかし、陥没乳頭(陥没乳首)を放置しておくことには、このようなリスクもあります。

1.乳首周辺に垢などが溜まりやすい

本当なら外に出ているはずの乳首が中に引っ込んでしまっていると、陥没している乳首部分がどうしても不潔になりやすいです。
場合によっては臭いが気になることも。また陥没乳頭(陥没乳首)にコンプレックスを感じたままだと、着替えや温泉など、色々なことが堂々と楽しめなくなってしまいます。

2.授乳がしづらくなる

生まれたばかりの赤ちゃんは口の力も弱く、乳首のでっぱりを咥えることで母乳を飲みます。しかし陥没していると吸う所が安定しません。
仮性の場合はケアグッズなどで乳首を出せればいいですが、真性の場合は赤ちゃんがうまく吸えない可能性もあります。

3.授乳時は乳腺炎のリスクが高くなる

上述した通り、陥没乳頭(陥没乳首)だと乳首周辺が不衛生になりやすいです。
赤ちゃんに授乳をしている時も乳管に汚れなどが溜まりやすくなり、乳腺炎(乳腺が炎症を起こすこと)を発症するリスクが高くなります。

誰にも知られず自分でできる!マッサージ方法を紹介

バストケアイメージ
それでは、ここからは陥没乳頭(陥没乳首)を改善するマッサージ方法をご紹介します。真性の場合は難しいでしょうが、仮性であればセルフケアで良くなる可能性も十分にあります。

1. 片手で乳房を下から包み込むように支えて、反対の手の親指と人差し指を使って、乳首をつまんで引っ張り出します。

2. 乳首を親指と人差し指で上下につまみ、3〜5秒ほど位置を変えながら1分ぐらい押していきます。痛みを感じない程度押すことが大切ですが、乳首が硬いと痛みを感じやすいのでゆっくり押します。

3.親指と人差し指で乳首をつまみ、乳首を転がしてこよりを作る要領で押していきます。縦と横の両方の方向で、繰り返し押していきます。

マッサージをする時の注意点とおすすめグッズ

マッサージの時に強く乳首を引っ張り出すと痛いですし、ストレスになってしまいます。様子を見ながら少しずつ始めることが大切です。
またマッサージクリームやオイルを使うと、摩擦で肌がヒリヒリしないだけでなく、香りの効果で心身ともにリラックスできるのでおすすめです。

特におすすめなのが、陥没乳頭(陥没乳首)のセルフケアの為に作られたマッサージクリーム「ピュアナスクリーム」です。
通常のマッサージクリームと違い、ピュアナスクリームは陥没乳頭(陥没乳首)専用。女性ホルモンや血行を促進する成分が含まれているので、乳首を正常な状態に癖付けるのをサポートしてくれます。

セルフケアは少しずつ始めるのが良策!

中学生の陥没乳頭(陥没乳首)は、成長していく過程でだんだん改善していくことも多いです。
自然に治ればそれに越したことはないのですが、そこにマッサージをプラスするだけで乳首陥没の改善を早めることができるかもしれません。
ぜひこの機会に、こちらで紹介した改善法を少しずつ試してみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピュアナスで安心・簡単ホームケア!

通院・手術の費用やリスク、セルフケアのトラブルなど、なかなか尽きない陥没乳頭のお悩み。手軽で安全にできる、ホームケアの方法があったら安心ですよね。
それを実現してくれるのが、陥没乳頭のセルフケアクリーム「ピュアナス」です。

ピュアナスの特徴

ピュアナスは、陥没乳頭の原因と言われている未発達の乳腺に着目。乳腺の成長に欠かせない、女性ホルモンにはたらきかける成分を、ぜいたくに配合したケアクリームです。

ピュアナスが考える脱陥没乳頭のステップは3つ。

  1. 乳腺と乳管の成長促進
  2. 乳頭口の軟化促進
  3. 乳頭部の形状矯正促進

まず、乳腺と乳管の成長には女性ホルモンが欠かせません。ピュアナスは、プラエリアミリフィカ根エキス、ザクロ果実エキス、ダイズ種子を贅沢に配合し、女性ホルモンの分泌促進をサポート。

3つのぷっくりサポート成分とバストケア成分を

さらに、皮膚各層にはたらきかける、美容成分である3種類のヒアルロン酸を始め、血行促進成分、ニオイや黒ずみを抑えるバストケア成分も配合。使い続けることで、バストケアをしながら、理想のぷっくりとした乳頭へ導いてくれます。

また、乳頭部の形状矯正には、血液を乳頭部に集中させることが大事。インドナガコショウ果実エキス(血行促進)や、オリゴペプチド-20(形状形成サポート成分)などを配合することで、形状活性化をしっかりサポートします。

ピュアナスにはうれしいポイントがたくさん!

ピュアナスは1日2回、塗ってマッサージをするだけの簡単スピードケア。難しいケアは一切必要ありません。誰にも言えない、言いたくない、そんな陥没乳頭のお悩みを、ご自宅で簡単にセルフケアできるのが、何よりもうれしいポイントです。

陥没乳頭のケアからバストケアまでトータルケア

まずは専用吸引器と併用。吸引器で乳首を十分出して乳首にピュアナスを擦り込むようにマッサージ。朝晩1日2回を数ヶ月続けていただくことで、ほとんどの方が改善されております。(モニター様改善満足度92%)

「1カ月で効果を感じ始めました!長年の悩みが解決できました」
「授乳がスムーズにできるようになりました!」
「黒ずみやニオイなどもケアしてくれるのがうれしい」

など、お喜びの声もたくさんいただいています。

気になる費用も、いつでもやめられるお得な定期購入に申し込むと、1日あたり約260円。負担なく続けることができるのも、うれしいポイントなんです。通院や手術による費用やリスクを心配する前に、まずはお手軽なセルフケアから始めてみませんか?

陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事