このエントリーをはてなブックマークに追加

陥没乳頭(陥没乳首)のかゆみを抑えるオススメのお手入れ方法

陥没乳頭(陥没乳首)のかゆみ。かきたくなってもデリケートな部分なので強くかくわけにもいかず、ムズムズして辛い、という経験はありませんか?

今回はそんなかゆみを抑えるオススメのお手入れ方法をご紹介します。

かゆみの原因は汚れと乾燥だった!

陥没乳頭(陥没乳首)のかゆみ

陥没乳頭(陥没乳首)の陥没部分は、普段は表に出ていないために刺激に弱いデリケートな皮膚です。さらに汗や皮脂、汚れが溜まりやすい状態になっていて雑菌が侵入・増殖しやすい状態といえます。

刺激に弱く、肌の自衛機能が正しく働いていないので、乾燥しやすくかゆみが出やすいのです。

ケアをすることでかゆみも抑えられる

肌の乾燥ケアをすることで、かゆみも一緒に抑えることができます。陥没部分に入ってしまった汚れを取り除き、保湿をしましょう。乳首用の保湿化粧品も販売されているので、それを使うのも効果的です。

汚れを取るのは一般的な石けんでOK

入浴時によく泡立てた石けんで汚れを落とすようにしましょう。このとき、ボディ用石けんなどは刺激が強いので避けましょう。とはいってもデリケートゾーン専用石けんを使う必要もありません。ごく一般的な石けんで大丈夫です。しかし、石鹸成分はしっかりと洗い流さないと新たなかゆみの原因になってしまうので、注意してくださいね。

肌に刺激を与えてしまうので、体を洗うときに使うナイロンタオルなどは使わないようにします。

ひどい汚れには「乳首パック」がオススメ

汚れがこびりついて落ちないときは、オリーブオイルやベビーオイルなど、肌に優しいオイルなどを脱脂綿につけたものを乳頭部に被せる「乳首パック」がオススメです。パックする際は入浴する前、乾いた状態で10〜30分ほど行ってください。

保湿にはバスト専用クリームがオススメ

きれいに洗って汚れが落ちたら、今度は乾燥を防ぐために保湿しましょう。保湿成分がたっぷり入ったバストケア専用のクリームやパックなどがオススメです。仮性陥没乳頭(陥没乳首)の場合は、保湿しながらマッサージをすれば、陥没乳頭(陥没乳首)の改善にもつながって一石二鳥ですね。

ほかにもあった!かゆみの原因

かゆみの原因

これは陥没乳頭(陥没乳首)に限らず、乳首のかゆみの原因はほかにもあります。そちらもご紹介しましょう。

摩擦が原因

乳首と衣服(下着)との摩擦、具体的にはブラジャーの大きさが合わない、素材がチクチクするなどが原因です。
胸は左右のサイズが少しだけ違うことが多く、ブラジャーのサイズが合っていないほうの乳首がブラジャーの裏地にこすれてかゆみを生じてしまう、というケースもあります。

ついついデザインで下着を選びがちですが、肌と摩擦してかゆくなるようでしたら、着用は避けたほうがよいでしょう。

摩擦が続くとかゆみ以外のダメージも

サイズの合わない、擦れる素材のものをそのまま着用し続けると、かゆみ以外のダメージも受ける可能性が高くなります。
かゆみがひどくなるのに加え、乳首の色が黒くなったり、胸全体が堅くなってしまうことがあります。

素材にかぶれたのが原因

ブラジャーの素材が肌に合わず、かぶれてかゆくなることも。また、ボディソープを新しくしてからかゆくなった、などの場合はその製品が肌に合わなかった可能性があります。

その場合は使用をすぐに中止しましょう。

ホルモンバランスが原因

女性ホルモンのバランスが影響してかゆみが出ることがあります。
生理前や生理中に乳首がかゆくなる場合は、ホルモンバランスが乱れている可能性が高いです。この場合は、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが豊富に入っている豆乳を飲んだり、軽い運動をすることをおすすめします。

豆乳には女性ホルモンの働きを調整する効果もあるので、肌荒れや生理中の体調不良にも効果があるといわれています。

乳腺炎などの病気が原因

陥没乳頭(陥没乳首)の場合は特に気をつけるべき病気です。乳首から菌やウィルスが入り込み、炎症を起こします。

乳がんの症状の一つにもかゆみがありますが、初期にはかゆみをまったく感じないケースも多く、可能性は低いでしょう。しかし、皮膚のトラブルなどがないのに、かきむしりたくなるくらいにかゆみを感じるときは、病院で受診することをおすすめします。

乳首のかゆみで病院を受診する場合、まずは皮膚科へ行きましょう。胸の病気が心配な人は乳腺科の受診をおすすめします。

陥没乳頭(陥没乳首)でかゆみを感じる原因のほとんどは、汚れか乾燥からくるものです。

しかし、それ以外の可能性が疑われるときは必要に応じて病院で診察を受けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピュアナスで安心・簡単ホームケア!

通院・手術の費用やリスク、セルフケアのトラブルなど、なかなか尽きない陥没乳頭のお悩み。手軽で安全にできる、ホームケアの方法があったら安心ですよね。
それを実現してくれるのが、陥没乳頭のセルフケアクリーム「ピュアナス」です。

ピュアナスの特徴

ピュアナスは、陥没乳頭の原因と言われている未発達の乳腺に着目。乳腺の成長に欠かせない、女性ホルモンにはたらきかける成分を、ぜいたくに配合したケアクリームです。

ピュアナスが考える脱陥没乳頭のステップは3つ。

  1. 乳腺と乳管の成長促進
  2. 乳頭口の軟化促進
  3. 乳頭部の形状矯正促進

まず、乳腺と乳管の成長には女性ホルモンが欠かせません。ピュアナスは、プラエリアミリフィカ根エキス、ザクロ果実エキス、ダイズ種子を贅沢に配合し、女性ホルモンの分泌促進をサポート。

3つのぷっくりサポート成分とバストケア成分を

さらに、皮膚各層にはたらきかける、美容成分である3種類のヒアルロン酸を始め、血行促進成分、ニオイや黒ずみを抑えるバストケア成分も配合。使い続けることで、バストケアをしながら、理想のぷっくりとした乳頭へ導いてくれます。

また、乳頭部の形状矯正には、血液を乳頭部に集中させることが大事。インドナガコショウ果実エキス(血行促進)や、オリゴペプチド-20(形状形成サポート成分)などを配合することで、形状活性化をしっかりサポートします。

ピュアナスにはうれしいポイントがたくさん!

ピュアナスは1日2回、塗ってマッサージをするだけの簡単スピードケア。難しいケアは一切必要ありません。誰にも言えない、言いたくない、そんな陥没乳頭のお悩みを、ご自宅で簡単にセルフケアできるのが、何よりもうれしいポイントです。

陥没乳頭のケアからバストケアまでトータルケア

まずは専用吸引器と併用。吸引器で乳首を十分出して乳首にピュアナスを擦り込むようにマッサージ。朝晩1日2回を数ヶ月続けていただくことで、ほとんどの方が改善されております。(モニター様改善満足度92%)

「1カ月で効果を感じ始めました!長年の悩みが解決できました」
「授乳がスムーズにできるようになりました!」
「黒ずみやニオイなどもケアしてくれるのがうれしい」

など、お喜びの声もたくさんいただいています。

気になる費用も、いつでもやめられるお得な定期購入に申し込むと、1日あたり約260円。負担なく続けることができるのも、うれしいポイントなんです。通院や手術による費用やリスクを心配する前に、まずはお手軽なセルフケアから始めてみませんか?

陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事