陥没乳首(陥没乳頭)とは?その治し方

陥没乳首の治し方

乳首(乳頭)が乳輪と平坦になっている、または乳輪よりもへこんでいるという状態の陥没乳首(陥没乳頭)は、バストの見た目のイメージを悪くしてしまうだけでなく、授乳やほかの病気のリスク増などの問題も発生させてしまうやっかいなものです。

今回は、陥没乳首(陥没乳頭)の症状と治し方について詳しく解説いたします。

陥没乳首(陥没乳頭)とは乳首(乳頭)が出っ張っていない状態のこと

陥没乳首(陥没乳頭)とは、乳首(乳頭)が乳輪から出っ張っておらず、むしろ平坦または乳輪よりも乳首のほうがへこんだ状態になっている状態の乳首を指します。

陥没乳首(陥没乳頭)そのものは病気というよりも「乳首の状態異常・発育不全」なのですが、見た目が美しくないという問題だけでなく、いざ出産したときに授乳に支障をきたす可能性が出てきます。さらに乳輪下膿瘍や乳腺炎などのリスクを高めてしまう要因ともなり得るので、放置しておくことはおすすめしません。

陥没乳首(陥没乳頭)の治し方

陥没乳首(陥没乳頭)の治し方としてはおもに3種類です。それぞれの治し方についてざっとご説明しましょう。

マッサージなどのハンドケアはもっとも手軽に始められるのが魅力

マッサージなどのハンドケアは、陥没乳首(陥没乳頭)対策の中でももっとも手軽に始められるのが大きな魅力です。

陥没乳首(陥没乳頭)の症状の度合いは軽度のものから重度のものまで幅広いですが、重度のものでなければこうしたハンドケアだけでも改善できる可能性があります。

ですから陥没乳首(陥没乳頭)の悩みがある人は、いきなり手術に踏み切るよりも、まずはこのように手軽に始められる対策を「ダメモトでよいから」というぐらいの感覚で数ヶ月続けてみるのがおすすめです。

吸引器などの対策グッズは取扱いに注意が必要

吸引器

乳頭を吸引して物理的に引っ張りだす乳頭吸引器などの対策グッズも、ハンドケアと同様に手軽・気軽な方法としておすすめですが、吸引器を使う際に気をつけたいのが、乳頭へのダメージです。

いきなり過度な回数・過度なパワーでの吸引をしてしまうと、乳頭への刺激が大きすぎてそれが乳頭トラブルを引き起こしてしまうというリスクもあります。

陥没乳首(陥没乳頭)に悩んでいるからこそ、吸引器は吸引力が特に強力なものを選びたくなるという気持ちが出てしまいがちですが、そこは自制が必要です。くれぐれも、やりすぎ・強すぎという状態にはならないように注意しましょう。

手術にはリスクもあるが重度でも治せる可能性は大

陥没乳首(陥没乳頭)の症状が重度の場合や、ハンドケア・対策グッズなどでも状態の改善が見られない場合は、病院での手術治療を検討してみるのもよいでしょう。

外科的な手術をほどこせば、陥没乳首(陥没乳頭)が改善する・治せる可能性は大ですが、やはり麻酔や痛みなどのリスク、術後のケアなどにはそれなりに気を使う必要があります。

陥没乳首(陥没乳頭)は放置せず手軽な対策から始めてみましょう

乳首(乳頭)が平坦またはへこんでいる状態になっている陥没乳首(陥没乳頭)は、それ自体が重大な病気というわけではありません。しかし、見た目の悪さや授乳の難しさ、乳腺炎などの病気のリスクを高めてしまうといった数々の問題を発生させてしまうため、放置しておくことはおすすめできません。

陥没乳首(陥没乳頭)を改善するために、まずはマッサージや乳頭吸引器など手軽な対策から始めてみましょう。マッサージや簡単な対策グッズなどでもどうしようもなかったときは手術治療という最終手段もあります。

この記事の監修者

この記事の監修責任者

陥没乳頭改善ピュアナス開発事業本部

陥没乳頭で悩む方へ専門医と連携し陥没乳頭改善・専用バストクリームの
ピュアナスを2016年より開発、2017年3月に発売。
「世の中の女性をもっと美しく。」独自企画・開発した本物の商品をお届する為、
日々研究開発を行っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事