このエントリーをはてなブックマークに追加

陥没乳首のおすすめケアグッズ5つと正しい使い方を紹介!

陥没乳首の方におすすめしたいケアグッズ5つと、その正しい使い方をご紹介します。陥没の程度に加えて使いやすさなども考慮して、ご自分にあったものを選びましょう。

「乳頭吸引器」は手軽で便利!

乳頭吸引器は、ポンプや注射器を使って乳首を吸引し、表に引っ張り出してくれるグッズです。日常的に使用することで、乳首が表に出るように癖付けをする効果があります。形状には、注射器型、乳頭にカバーを装着するタイプなどいくつか種類があります。

乳頭マッサージや授乳時に、指先で乳首を引っ張り出せない時の補助として使うことも。とても便利なケアグッズですが、乳頭を強く吸引しすぎると痛みや傷の原因となることもあるので注意しましょう。

「搾乳器」も陥没乳首のケアに使えます

「搾乳器」は、本来搾乳する時に使うものですが、吸引力が乳頭吸引器よりも強いことから、陥没乳首のケアに使われることもあります。しかし吸引する力が強すぎることも多いので、使用の際には注意が必要です。

まずは上述の「乳頭吸引器」から試してみて、効果がみられなかったら様子を見つつ「搾乳器」を使用してみるといいでしょう。

「ブレストシールド」はブラジャー装着時でも使用可能

「ブレストシールド」は、乳輪に一定の軽い力を与えることで乳首を引き出してくれるケアグッズです。装着方法は簡単。ブレストシールドの先端部分を摘み、中の空気を抜いた状態で乳首を覆うようにして吸着させるだけです。しかも、ブラジャーの内側などに挟み、長時間装着できます。

ブレストシールドの吸着効果を上げるためには、ワセリンなど市販のクリームやローションを乳輪に塗布してから装着する方法がおすすめです。
水洗いも可能で、肌に優しい、柔らかい素材でできています。

しかし、肌が弱い人は長時間装着すると痒みやかぶれが起きる可能性もあるため、気をつけましょう。

「陥没乳首用のマッサージクリーム」でケア&リラックス

陥没乳首のケアをするには、こうしたケアグッズの装着に加えてマッサージもするといいでしょう。マッサージの際には、陥没乳首専用に作られたマッサージクリームを使うのがおすすめです。小豆大の量のクリームを乳頭部分に塗り、こよりを作るような動きでマッサージをすると効果的です。

陥没乳首専用に作られたマッサージクリームには、様々な有効成分が配合されています。

  • 皮膚のくぼみにたまった汚れからくるニオイを抑える成分
  • 雑菌の繁殖を抑える成分

このような、陥没乳首にありがちな悩みを解消する成分が配合されていることが多いため、安心ですね。また痛みや刺激が感じられない、いい香りのするクリームも多いため、リラックス効果も期待できるでしょう。

「乳頭保護器」は授乳時のケアグッズとして便利

陥没乳首のケアグッズ

「乳頭保護器」は、本来は授乳期に乳首が傷ついた際、乳首の保護に使うカバーです。

薄い素材でできており、乳頭部にピッタリと貼り付けて使用します。陥没乳首のケアグッズとしては、陥没乳首のママが赤ちゃんに授乳する際、乳首を吸わせやすくする効果が期待できます。授乳期限定のケアグッズですね。

乳首が出ない時は乳頭保護器を乳首の代用品として使い、乳首が顔を出したら乳頭保護器を外して直接吸わせる、というように使えば、赤ちゃんが違和感なく上手にお乳を吸えるようになります。

しかし、赤ちゃんの中には乳頭保護器を嫌がったり、うまく吸えなかったりするケースもあるため、合わないと感じたら違う方法を検討しましょう。

ケアグッズの装着期間や装着時の注意点

ケアグッズの効果があるかどうか知るためには、目安として半年くらい装着してみましょう。半年以上装着しても改善しない場合は、別の方法に切り替えたほうがいいかもしれません。もちろん、個々の症状や体質によっても効果がでるまでの期間は異なりますので、あくまで目安として捉えてください。

また、ケアグッズは清潔な状態で使用しましょう。不衛生な状態で使用すると、雑菌が繁殖して症状の悪化に繋がる可能性もあります。
肌に密着させるものなので、使用後のメンテナンスや保存状態には気をつかいましょうね。

ケアグッズで改善しない場合は手術が必要なケースも

真性の陥没乳首(刺激を与えても乳首が表に出てこないタイプ)の場合、ケアグッズで多少、症状の緩和はできても改善は難しいケースもあります。その場合は、外科的な手術を検討したほうがいいかもしれません。

一般的な陥没乳首の手術であれば、傷跡はあまり目立たないことが多いです。また、授乳が困難なケースでは健康保険が適用されることもあります。

しかし、当然ですが陥没乳首の症状によって手術の方法も違ってきます。医療機関で治療を受ける際には、医師にご自分の抱えている不安を全て相談し、きちんと話し合って適切な治療を受けるようにしましょう。

使いやすいケアグッズを見つけましょう

こちらでご紹介したように、陥没乳首のケアグッズには様々なものがあります。気になったものを1つだけでも、いくつか併用してもいいでしょう。

ご自分の症状に合わせて、使いやすいケアグッズをチョイスして下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事