陥没乳首で悩む女子高生必見!毎日5分でできるおすすめのケア方法

陥没乳首 治療法

「物心がついた時からバストトップが凹んでいて治らない。」
「乳首の先がへこんで大きくならない…」

このようなお悩みは友達や彼氏、親にも相談できず、どうすればいいか不安な女子高生の方もいらっしゃるのではないでしょうか…?

乳首が凹んでいる状態は一般的に陥没乳頭(陥没乳首)といいます。

陥没乳頭を意識して葛藤してしまうと、恋愛が消極的になったり、友達と一緒に着替えて恥ずかしさもあったりネガティブ思考に陥ってしまうことも多いと思います。

口コミを見ていると、オロナインやユースキンといったスキンケアアイテムを使って治そうとしている人もいるようですが、残念ながらこれでは改善が見込めません。

実は高校生はまだ成長過程であるため、成人してから自然に出てくることも多くあります。

その時まで待ってみるのもひとつの方法ですが、それだと時間がかかりますし、本当に治るかどうかもわかりません。

成人してから産婦人科などで診察を受けてみるなど、もう少し大人になってから対策を考えるのも良いですが、なにかケアできれば…と考えている方に、おすすめのケア方法をご紹介したいと思います。

陥没乳頭にはさまざまなタイプがある

そもそも陥没乳頭とは、本来出ているはずの乳首がへこんでいる、もしくは平らになっている症状で、乳頭部分が乳房の内側に引き込まれている状態になっていることで起こります。

つまんだら出てくるといった軽度~中度のものから、完全に凹んでしまってつまんでも出てこない重度のものまで、その程度も人によってさまざまです。

その原因の9割以上は生まれつきのものであり、なにか病気である可能性などは若い時にはほとんどないと考えてもかまいません。

実際に高校生でも陥没乳頭に悩んでいる方は多く、口コミをみると様々な声を見つけることができますので特に多かった悩みを一部ご紹介します。

あなたは、どういうタイプで悩んでいますか?

陥没乳首に悩んでいる女子高生の声は多い

下着・女性(白バック)

彼の前ではブラを外せない

陥没乳首が気になって、彼氏の前でブラを外せません。

マッサージしてみたけど治らないし、できるだけお金を使わないで早くどうにかしたいです。

突起がまったくなくて、さりげなく彼氏に聞いたら陥没乳首が嫌いみたいで泣けてきました。

「陥没だと萎える」と聞いて凹む

さわったら出てくるけど、すぐ元に戻ってしまいます。

クラスの男子が、「陥没だと萎える」というようなことを話してたから、かなり凹みました。

恥ずかしくて友達にも彼にも言えません。自分の体が嫌で嫌で仕方ないです。

高校生になるのに乳首出ていないのって笑われるのが怖い

お風呂で体を洗うとき出てきそうな感じはあったけど、高校生になるのに出てないって遅いですよね。

「乳首出てないの?」って笑われてた友達がいて、まるで自分のことを言われてるみたいでかなり恥ずかしかったです。

将来授乳できないことへの不安

中学生のときからずっと陥没乳首が気になって、彼と関係を持つときも絶対に見せることができません。

「なんで?」って聞かれるけど、「嫌だから」としか言えないし、子供ができたら授乳できないかも…。

って考えると、どうすれば良いか分かりません。片方は刺激すると出てくるけど、もう片方は出てこないです。

このように、見た目的にどう思われるか分からず、将来的に治るかどうかも分からないため、不安な気持ちを感じている人も多いのではないでしょうか?

そこでここからは、今からでもできる陥没乳首のケア方法をご紹介します。

方法はさまざまあるので、自分にあった方法を試してみてください。

つまむようにして毎日マッサージケア

成長期の高校生であれば、毎日乳頭マッサージをしていれば乳頭部分がクセづいて自然にでてくる場合もあります。

ただ、最初にお伝えしたとおり、陥没乳頭の程度はさまざまあるため、すべての方に効く方法ではありません。

どちらかといえば、普段はでていないけれど、自分で刺激すれば出てくる軽度~中度の方にオススメの方法です。

乳首がかなり凹んでいて、つまんでも出てこないケースはあてはまらない場合もあるのでご注意ください。

画像のように片手でできるマッサージのため、方法はとても簡単です。

人差し指と親指でつまむように乳頭部分の外側を押して出すようにします。

オイルや保湿クリームなどを塗った方が摩擦が少なくなりマッサージしやすくなって、凹んだ乳首が出やすくなるのでおすすめです。

基本的には毎日少しずつマッサージを続けてみましょう。

焦らず、少しづつ改善していく気持ちで余裕をもって続けてみてください。

マッサージと乳頭吸引器を使いながら専用クリームも塗って改善を促進する

そもそも陥没乳頭は、乳頭に関わる組織が未発達で乳房の中に引き込まれて起こる症状です。

今後の成長により、改善に向かう場合もありますが、マッサージと併用しながら「ピュアナス」を使うとより効果的にケアできることをご存知でしょうか?

「ピュアナス」は美しいバストトップへケアするために生まれたアイテムです。

具体的にどのような効果が期待できるのか、順番にご紹介していきます。

バストトップの成長をサポートする

ピュアナスには、

  1. 乳首の成長をサポートする女性ホルモンを活性化するはたらき
  2. くぼみがなくなるように乳首の柔軟性を高め、乳頭を出やすくはたらき
  3. 乳首の大きさを整える血行促進のはたらき

この3つのはたらきがあり、バストトップを理想の形へキープすることを目指します。

といった成分も配合されています。
ピュアナスの改善メソッドについては、わかりやすく動画でもご紹介しています。

先ほどご紹介したマッサージケアと一緒にピュアナスを使うことで、クセづけながらより早くにケアできる効果が期待できるんですね。

ピュアナスの使い方はカンタン!

ピュアナスは1日朝晩2回塗るだけで特別な使い方は必要ありません。

ほんのりローズの香りがする無色透明のジェルタイプになっていて、塗った後に目立ったりニオイが強すぎることもありません。

特に夜のお風呂上がりに塗ったあとに先ほどご紹介したマッサージや無料で付属する乳頭吸引器を使うことがより効果的です。

少しでも早くバストトップを改善したいと強く願っている方は試してみてはいかがでしょうか?

はじめてのお客様限定!手動ポンプ式吸引器プレゼント&30日間全額返金保証付き。

吸引器プレゼント&全額返金保証より多くの方にピュアナスの効果を実感して頂くために、ただいま公式サイト限定で「定期モニターコース」を実施しています。

はじめてご購入の方全員にケアのスピードを高める手動ポンプ式吸引器をもれなく無料でプレゼント。

指でつまんで乳頭を引き出しにくい場合でも、乳頭吸引器を使えば簡単に凹んだ乳首を引き出すことができますよ。

さらに万が一商品がお気に召さない場合でも、30日以内にお申し出いただければ購入代金を返金する全額返金保証制度が利用可能です。

そのまま続けて頂く場合でも、お好きな回数で自由に解約できます。

お客様にご満足頂ける自信があるからこそ提供できる「定期モニターコース」をぜひ検討してみてください。

手術は確実に治す方法だけど高校生のうちは考えなくて大丈夫

軽度の方から重度の方まで陥没乳頭を最も確実に治すための方法は手術です。

主に専門の婦人科や形成外科などで相談することができます。

ただし、高校生の場合はまだ手術を考えなくても大丈夫です。

一般的な高校生の世代はまだ乳管と乳腺の発達段階にあり、手術をすることで逆に発達を邪魔することになるかもしれないリスクがあります。

また、手術後は痛みもありますし、高額な治療費も発生します。(40歳未満で授乳ができない陥没乳頭の場合は健康保険が適用できる場合もあります)

手術を受ける際は保護者の方も同意も必要になりますし、どんな手術でも100%成功するというわけでもありません。

今後の成長によって自然に改善する可能性もある為、まずはいきなり手術を判断せずに、しばらく様子を見たり、自分でできるケアから試してみることをオススメします。

成長を期待して毎日のホームケアからはじめてみる

まだ高校生の方で陥没乳頭に悩まれている方はいろいろと葛藤することも多いですが、まだ成長途上であるため、今後自然に凹みが改善する場合もあります。

ただ、今が心配であれば、手術といった重大な決断はせずにまずは自分でできるセルフケアからはじめてみることをおすすめします。

陥没乳頭のことは、なかなか友人や家族に相談できずに悩むことも多いと思います。

程度の問題もあり、すべての方にあてはまるわけではありませんが、ご紹介した方法をご参考に、お風呂や寝る前のケアにトライしてみてください。

  • ご愛用者の声
  • 陥没乳頭の原因
  • 成功へのヒント
  • 吸引器の使い方

この記事の監修責任者

株式会社ピュアナス カスタマーサポート&広報担当 三上美羽

専門医と連携した陥没乳頭改善クリーム「ピュアナス」で、ご利用中のお客さまのサポートや広報活動を担当しています。 ピュアナスは2017年3月より販売開始以来、これまでに2万人以上の方にご愛用頂いている実績のあるアイテムです。 人にはなかなか聞けないバストケアのお悩みや疑問を同じ女性の立場から、これまでに頂いたお客さまのご意見も採り入れわかりやすくご紹介いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事