陥没乳頭(陥没乳首)は「100均グッズ」で治せる?そのリスクと作り方を解説

100均

陥没乳頭(陥没乳首)を改善するアイテムとして、乳首を吸引するグッズが販売されていますが、数千円の価格になるため、人によっては試すのが難しいという方もいらっしゃると思います。

しかし、なんとこの吸引器を「100円均グッズ」で代用し自作している方もいるようです。

効果もあまりかわらず100均グッズで代用できるなら試してみたいと考える方も多いと思います。

ただ、本当に使えるものかどうか調べてみると、出血や痛みを伴う場合もあり、おすすめするのは難しいことがわかりました。

このような自作グッズについての詳しい内容な、考えられるリスク、そして代わって安心してできる改善アイテムについてご紹介いたします。

4,000〜5,000円するグッズが自作すれば数百円に!?

自作グッズのモデルとなっているのが、「ピペトップ」と呼ばれる乳首吸引器です。

透明で柔らかいプラスティックでできた蛇腹状の吸引器で4個一式でおおむね4,000〜5000円で販売されています。

ピペトップは常時吸引することで陥没乳頭の改善を目指すアイテムで 次のような特徴があります。

  • サイズが小さく乳首に装着したまま下着を付けられる
  • 長時間着用可能

といった点が人気のアイテムです。

このピペトップの蛇腹の形によく似た100均で購入できる「スポイト」を切り取って加工し、吸引器を自作したケースがネット上で紹介されています。

確かに形はよく似ているのですが、本当に使えて、また安全性も本物と同じなのでしょうか?

実際に使用した人の感想を紹介!多量の出血があるケースも

実際に自作ピペトップを使った人の感想を見てみましょう。

以下は、使用した人の感想を抜粋したものです。

1日目 黄色い液体が出た
2日目 血豆ができた
3日目 血豆が破裂して血が噴き出した

3日目の出血はティッシュペーパー5枚が血だらけになるほど。

また、乳首を指で絞ると血が出てきたためスポイトで吸ってみると、血の塊がいくつか出てきたそうです。

このような自作アイテムの作り方と一緒に出回っている情報の中には、「乳首から液体が出る場合、透明なものは汗、黄色いものは乳汁(ちしる)か老廃物」というものがありました。

確かにそれは間違いではありませんが、黄色い汁は、もしかするとケガをした時に傷口から出てくる体液かもしれず、断定はできません。

他にも、

  • 乳首が内出血して傷つく
  • 傷跡が残る
  • 皮膚が破れて血が滲んだ

などのトラブルを受けた感想もありました。

乳首はデリケートな部分ですから、「傷ついて出血した」と恥ずかしくて相談できない人も多いです。

どうしても陥没乳頭(陥没乳首)を治したいからといって、そのまま自作グッズの使用を続ければ、傷はさらに悪化してしまいます。

最悪の場合、陥没乳頭を治すどころか将来授乳ができなくなるなど、大きなリスクを伴うことも。

こうしたリスクがあることを充分に理解した上で、それでも自作グッズを使用したいという人は、次の作り方を参考にしてみてください。

ただし、何度も説明の通り、乳首の様子を見ながら十分に注意して使用しましょう

自作ケアアイテムの作り方と使い方を紹介

陥没乳頭(陥没乳首)ケア

<使用するもの>

  • 蛇腹スポイト
  • カッター
  • ワセリンなどの軟膏状のクリーム(肌に塗れるもの)

1. 蛇腹スポイトを綺麗に切る

まず、蛇腹スポイトの蛇腹部分をカッターで切ります。

この時、切り口がギザギザにならないよう、綺麗に切り取ってください。

切り口を指で触ってみて、チクチクするようでしたら、滑らかになるよう少し調節しましょう。

2. スポイトの蛇腹部分を乳首に押し付ける

次に、乳首の陥没部分にワセリンなどのクリームを塗り、1で切り取ったスポイトの蛇腹部分を縮めた状態で陥没部分に押し付けます。

すぐ外れてしまう時は、スポーツブラなどを着用すると固定されていいですよ。

3. 外す時はゆっくりと

外す時は、脇から空気を入れながらゆっくりと回します。痛みがある時は、さらにゆっくりと慎重に回しましょう。

この他に、「二重まぶたを作るテープ」を乳首にぐるぐると巻いて乳首が戻らないようにしている、という仮性の陥没乳頭の方もいます。

「1日経つと元に戻ってしまうが、毎日続けていたら治った」という感想もありますが、強く巻きすぎると血流を止めてしまうなどのリスクも考えられます。

こちらも安易におすすめはできない方法です。

「真性の陥没乳頭(陥没乳首)」の場合は特に注意!

胸の痛み

陥没乳頭(陥没乳首)には、刺激を与えると一時的に乳首が突出する「仮性の陥没乳頭」と、突出しない「真性の陥没乳頭」があります。

「真性の陥没乳頭」の場合、手術をしないと治せないケースが多いです。

しかし、「手術するくらいなら」と真性の陥没乳頭の人が無理にこれらのグッズを使用すると、非常に強い痛みや出血を伴う可能性が高いと考えられます。

仮性の場合はある程度の効果があるかもしれませんが、痛みと出血が全くないとは言い切れません。

自作グッズを使用したい場合は、このようなリスクもきちんと理解しておく必要があります。

リスクが少なく陥没乳頭をケアしたい場合は根本改善ができる方法を

100均グッズを使って治った口コミはありましたが、デメリットやリスクが存在することがわかりました。

先ほどのとおり、いくら刺激しても突出しない真性陥没乳頭の場合は、手術をしないと治せない可能性が高いです。

しかし、なんらかの刺激すると出てくる仮性陥没乳頭であれば、傷などのリスクのある100均グッズを使わなくても、マッサージや専用のクリームを使えば根本改善する可能性があります。

陥没乳頭になる原因と根本改善する仕組み

そもそも陥没乳頭は、乳房の成長に乳管の成長が追いつかず、内側に引き込まれることで、乳首の形が正常でなくなってしまうことが原因です。

正常な乳首に戻すためには、

  1. 血行促進させて乳首を大きく成長させる
  2. 女性ホルモンを活性化させて乳首の成長をサポートする
  3. 乳首が出やすいように乳頭自体を柔らかくする

ことが重要になり、改善する方法をご紹介致します。

マッサージ継続をすると血行が促進されてクセづきやすく可能性がある

毎日乳頭マッサージをすることで血行が促進され、乳首自体が成長し、仮性陥没乳頭であれば改善する可能性があります。

方法は簡単で、お風呂あがりに清潔で血行が促進されている状態の時に次の3つの流れでマッサージしましょう。

この画像のように片手でできるマッサージですし、全部で3分ほどで終わるので時間かからないのも嬉しいポイントですね!

陥没乳首の治し方

ただし、力加減には注意。

痛みを感じるギリギリ手前くらいまでにとどめるように徐々に力をいれていきましょう。

「強くすると効果が上がるのでは?」と目一杯する方もいるかもしれませんが、100均グッズと同じく乳頭が怪我をしてしまう可能性もあります。

これを毎日続けることで、だんだんと乳頭がでるクセがつく場合があります。(状態により個人差はあります、また妊娠中のマッサージは控えることをおすすめします)。

さらに効果を高めたい場合は、陥没乳頭改善専用クリームの「ピュアナス 」を使うこともおすすめします。

陥没乳頭改善クリームピュアナスを使って体の内と外からケア

ピュアナス は陥没乳頭を改善するために開発されたクリームです。

陥没乳頭を改善ケアしていくためには、血行促進・女性ホルモン活性化・乳頭の軟化が重要ですが、ピュアナスにはこれらの成分が配合されています。

  1. 女性ホルモンを分泌促進させ乳腺を成長させる成分
  2. 血行を促進させ乳首の大きさを整える成分
  3. 乳頭自体を柔らかくし、乳頭が出やすくなる成分

マッサージの外側からの刺激に加え、体の内側からもケアできるので、より高い効果が期待できます。

天然成分中心の配合で、デリケートな乳頭にもやさしくお使いいただけます。

毎日のケアもとても簡単。

  1. 乳頭吸引器で乳頭を引き出す
  2. 小豆大ほどのピュアナスを手に取る
  3. よく塗り伸ばす
  4. 30~60秒ほど吸引器を使って乳頭を引き出す
  5. マッサージを行って完了

1日数分程度を行うだけなので、ピペトップのように一日中吸引器を装着することも不要、手間をかけることなくケアを行うことができますね。

今購入者の方には、手動の乳頭吸引器が無料でついてくるのでお得に購入することができます!

さらにくわしい成分や実際に使われたお客様の体験談などは、こちらのページをぜひご覧ください。

こちらで紹介した方法は陥没乳頭の原因から考えた対策方法であり、デリケートな乳頭に対して、よりリスクを少なくしながらケアすることができます。

出費を抑えたつもりが逆効果になる可能性も

陥没乳頭に悩んでいる、特に10〜20代の若い女性は、出費を抑えたいあまり安く済む方法を選びがちです。

しかし、出費を渋って大きなリスクの方法を選択すると、場合によっては、ケガを負い、治すために薬代や治療費がかかったり、傷が残ったりする可能性もあることをご理解ください。

陥没乳頭に効果があるグッズは「ピペトップ」だけではありません。

先ほどご紹介したマッサージや陥没乳頭改善クリームピュアナス を使った改善方法もあるため、後々のこともよく考えた上で、安心感の高いアイテムを使うことをおすすめします。

  • ご愛用者の声
  • 陥没乳頭の原因
  • 成功へのヒント
  • 吸引器の使い方

この記事の監修者

この記事の監修責任者

陥没乳頭改善ピュアナス開発事業本部

陥没乳頭で悩む方へ専門医と連携し陥没乳頭改善・専用バストクリームの
ピュアナスを2016年より開発、2017年3月に発売。
「世の中の女性をもっと美しく。」独自企画・開発した本物の商品をお届する為、
日々研究開発を行っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事