このエントリーをはてなブックマークに追加

陥没乳首は「100均グッズ」で治せる?そのリスクと作り方を解説

100均

陥没乳首を改善するアイテムとして、乳首を吸引するグッズが販売されています。中にはそのグッズを、100円均一で売られている物で自作する、という人も。

しかし、出血や痛みを伴う場合があるため、おすすめはできません。

このような自作グッズの作り方から使用法、そして考えられるリスクなどを詳しく解説します。

4,000〜5,000円するグッズが自作すれば数百円に!?

「ピペトップ」と呼ばれる乳首吸引器は、4つ入りで4,000〜5000円位するものが一般的です。
ピペトップはサイズが小さく、

  • 乳首に装着したまま下着を付けられる
  • 長時間着用可能

といった点が人気のアイテムです。

100均で購入できる「スポイト」を加工し、ピペトップを自作したケースがネット上で紹介されていますが、本当に安全なのでしょうか?

実際に使用した人の感想を紹介!多量の出血があるケースも

実際に自作ピペトップを使った人の感想を見てみましょう。
以下は、使用した人の感想を抜粋したものです。

1日目 黄色い液体が出た
2日目 血豆ができた
3日目 血豆が破裂して血が噴き出した

3日目の出血はティッシュペーパー5枚が血だらけになるほど。また、乳首を指で絞ると血が出てきたためスポイトで吸ってみると、血の塊がいくつか出てきたそうです。

このような自作アイテムの作り方と一緒に出回っている情報の中には、「乳首から液体が出る場合、透明なものは汗、黄色いものは乳汁(ちしる)か老廃物」というものがありました。確かにそれは間違いではありませんが、黄色い汁は、もしかするとケガをした時に傷口から出てくる体液かもしれません。

他にも、

  • 乳首が内出血して傷つく
  • 傷跡が残る
  • 皮膚が破れて血が滲んだ

などの感想がありました。

乳首はデリケートな部分ですから、「傷ついて出血した」と恥ずかしくて相談できない人も多いです。

どうしても陥没乳首を治したいからといって、そのまま自作グッズの使用を続ければ、傷はさらに悪化してしまいます。最悪の場合、陥没乳首を治すどころか将来授乳ができなくなるなど、大きなリスクを伴うことも。

こうしたリスクがあることを充分に理解した上で、それでも自作グッズを使用したいという人は、次の作り方を参考にしてみてください。
ただし、乳首の様子を見ながら十分に注意して使用しましょう。

自作ケアアイテムの作り方と使い方を紹介

陥没乳首ケア

<使用するもの>

  • 蛇腹スポイト
  • カッター
  • ワセリンなどの軟膏状のクリーム(肌に塗れるもの)

1. 蛇腹スポイトを綺麗に切る

まず、蛇腹スポイトの蛇腹部分をカッターで切ります。
この時、切り口がギザギザにならないよう、綺麗に切り取ってください。切り口を指で触ってみて、チクチクするようでしたら、滑らかになるよう少し調節しましょう。

2. スポイトの蛇腹部分を乳首に押し付ける

次に、乳首の陥没部分にワセリンなどのクリームを塗り、1で切り取ったスポイトの蛇腹部分を縮めた状態で陥没部分に押し付けます。すぐ外れてしまう時は、スポーツブラなどを着用すると固定されていいですよ。

3. 外す時はゆっくりと

外す時は、脇から空気を入れながらゆっくりと回します。痛みがある時は、さらにゆっくりと慎重に回しましょう。

この他に、「二重まぶたを作るテープ」を乳首にぐるぐると巻いて乳首が戻らないようにしている、という仮性の陥没乳首の人もいます。

「1日経つと元に戻ってしまうが、毎日続けていたら治った」という感想もありますが、強く巻きすぎると血流を止めてしまうなどのリスクも考えられます。こちらも安易におすすめはできない方法です。

「真性の陥没乳首」の場合は特に注意!

胸の痛み

陥没乳首には、刺激を与えると一時的に乳首が突出する「仮性の陥没乳首」と、突出しない「真性の陥没乳首」があります。
「真性の陥没乳首」の場合、手術をしないと治せないケースが多いです。

しかし、「手術するくらいなら」と真性の陥没乳首の人が無理にこれらのグッズを使用すると、非常に強い痛みや出血を伴う可能性が高いと考えられます。

仮性の場合はある程度の効果があるかもしれませんが、痛みと出血が全くないとは言い切れません。自作グッズを使用したい場合は、このようなリスクもきちんと理解しておく必要があります。

出費を抑えたつもりが逆効果になる可能性も

陥没乳首に悩んでいる、特に10〜20代の若い女性は、出費を抑えたいあまり安く済む方法を選びがちです。しかし、出費を渋って大きなリスクを負うよりも、安全な専用器具を買ったほうがいいと思いませんか?

場合によっては、自作グッズの使用によって重度のケガを負い、材料費の何倍も治療費がかかったり、傷が残ったりする可能性もあるのです。

陥没乳首に効果があるグッズは「ピペトップ」だけではありません。中には2,000円前後で買えるものもありますから、後々のこともよく考えた上で安全性の高いアイテムを使うことをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

1日たった260円の自宅ケアはじめる→

関連する記事