このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や家事で忙しい30代の女性でも簡単にできる陥没乳頭(陥没乳首)の治し方


イラスト006

陥没乳頭(陥没乳首)はコンプレックスを生み出しますが、デリケートな問題だけに誰にも相談できません。
また、他人と比べて初めて気づくケースも多く、どうすればよいかわからなくて落ち込んだりするでしょう。
ただ、思い悩む必要はありません。気づいたら適切な方法で治すことができます。

陥没乳頭(陥没乳首)になってしまう原因

乳管の発達が乳房の発達に追いつかなければ、内側に引っ張られた状態となってしまい、乳管につながる乳首が陥没した状態となってしまうのです。
そのためどちらかと言えば胸の大きな女性に多く、思春期のときに自覚できていなくて大人になってから気づくケースも見られます。

【真性】
刺激をしても乳首が飛び出しません。

【仮性】
刺激を与えることで埋もれていた乳首が飛び出てきます。

吸引器具を使った陥没乳頭(陥没乳首)のセルフケア

ドラッグストアなどで販売されている吸引器具を使えば、陥没乳頭(陥没乳首)を引っ張ることができます。
手頃な価格で手に入れることができるため、誰でもすぐに試せるでしょう。
乳首に吸引器を着けて引っ張るポンプ式と、いつも身につけて圧を加えることで陥没を治す装着式があります。

シリコン素材からプラセンタ配合のものまで、メーカーによって種類はさまざまです。どのくらいで効果が現れるのかは人ぞれぞれですが、どちらも続けてケアする必要があります。
ただ、真性の場合は、器具で引っ張るだけでは治りません。

痛みや傷も?!吸引器具を使うことのデメリット

Frauen Busen abtasten - Krebsvorsorge mit Zielscheibe
吸引器具は手軽に使えますが、乳首に強い刺激を与えることで痛みや傷を作ってしまうリスクは否定できません。
陥没している状態を無理やり引っ張るため、過度な力を加えたことによる炎症や腫れもあります。

出産を控えている女性が使えば、乳首への刺激が子宮の収縮を促す可能性もあり、早産の誘発も考えられます。
繰り返し使い続けることで乳腺炎になってしまう場合もあるでしょう。治そうと思って使えば使うほど、乳首に過度な負担をかけてしまうことにもつながるのです。

吸引器具を使う前にピュアナスクリームを使う

吸引器具を使う前にピュアナスクリームを塗れば、無理なく自然に陥没乳頭(陥没乳首)を改善できます。
陥没している状態の乳首は、溝の部分に汚れや垢が溜まりやすくなっています。
どんなに綺麗に洗っていたとしても、器具を使っていれば雑菌が繁殖する可能性はゼロではありません。

ピュアナスクリームには、雑菌の繁殖を抑えるカワラヨモギエキス成分が配合されているので、衛生的にケアすることができるのです。
美容クリームや乳液などで肌の弱い人でも、アレルギーパッチテスト済なので安心です。敏感肌や乾燥肌にも対応した無添加・無着色の品質は、黒ずみなどの改善にも評判です。

30代でも陥没乳頭(陥没乳首)は治る!

恋愛や結婚。妊娠・出産で影響の大きい30代ですが、陥没乳頭(陥没乳首)を治すことはできます。
少しの空いた時間に吸引器具とピュアナスクリームを併用し、陥没乳頭(陥没乳首)の改善を試してみてください。
20代の頃の自分と比べて落ち込む必要はありません。女性ホルモンの分泌を促すことはできるので、陥没乳頭(陥没乳首)の悩みを手放しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事