陥没乳頭(陥没乳首)は大学生のうちに治そう!原因やセルフケア・治療法を紹介

陥没乳首は大学生のうちに治す

陥没乳頭(陥没乳首)はデリケートな悩みだけに誰かに相談しづらく、人知れず悩んでいる大学生も少なくありません。

ただ、陥没乳頭(陥没乳首)を解消したいなら、時間がある大学生のうちに治療を始めるのがおすすめ。ここでは大学生のうちにやっておきたい陥没乳頭(陥没乳首)の治療法や、気になる原因などを紹介します。

実はみんな悩んでる?大学生の陥没乳頭(陥没乳首)お悩み集

虫眼鏡を胸にあてる女性
大学生で乳首陥没の悩みを抱えている人は、どのようなことで困っているのでしょうか。ネットなどの口コミからリアルな声を集めてみました。

子どもが生まれた時を考えると心配

小学生の頃から、自分と他人の乳首の形が違うことを知り、とても悩むようになりました。でも親に相談するのも恥ずかしいし…。将来結婚して子どもが生まれた時に授乳できないかも、と真剣に悩んでいます。

彼氏に引かれそうで怖い

最近付き合い始めた彼氏がいるのですが、陥没乳頭(陥没乳首)がバレたら引かれるのではないかといつも不安に思っています。もともと陥没乳頭(陥没乳首)だと乳腺炎になりやすいとも言われていますし、どうやったら治るのかアドバイスして欲しいです……。

このように形が悪くて子供の頃から悩んでいるという人もいれば、彼氏ができたのをきっかけに不安を感じ始める人もいるようです。見た目だけでなく、授乳や乳腺炎などの問題について危惧している人も少なくありません。

乳首陥没の原因ははっきりしていない

乳首陥没は生まれつきであるケースが多いのですが、なぜ発生するのかについては実ははっきりしていません。

  • 乳管の長さが不足している
  • 乳首を支える組織の発達不足
  • 胸の内部組織の癒着

などいろいろな説が唱えられているようですが、原因の全容解明には至っていません。

乳首陥没には「仮性」と「真性」がある

陥没乳頭(陥没乳首)は、大きく以下の2通りに分類されます。

  • 指で刺激したり吸引器具を使うと乳首が出てくる「仮性陥没乳頭(陥没乳首)」
  • 刺激を与えても出てこない「真性陥没乳頭(陥没乳首)」

また所定の動作によって乳首が出てくるかどうかによって、さらに細かく分類されます。

  • 手で簡単に出せるものの、時間が経つと戻ってしまうケースはGrade1
  • ピンセットなどで引き出せるものの、離すとすぐ陥没するのがGrade2
  • 手術を施さなければ乳首が出てこない状態がGrade3

となります。

陥没乳頭(陥没乳首)のセルフケア方法・治療法を紹介!

bust_check

乳首陥没を改善、治療する方法は複数あります。症状の度合いや続けやすさなどを考慮して選びましょう。

1.乳首吸引器を使う

「乳首吸引器」は、乳首を吸引して引き出す陥没乳頭(陥没乳首)のケアグッズです。

手動と電動の2種類があり、前者は装着したまま過ごせる点と安いところがポイント。後者は電動で手軽に吸引できるところが特徴です。

継続すれば陥没した乳首に表へ出てくる癖をつけることができますが、やや痛みを伴うところがネックです。

2.マッサージをする

親指と人差し指、中指の3本の指を使ってマッサージをし、陥没した乳首を引き出す方法です。

引っ張り出した乳首をつまんだ指に力を込め、約5秒かけて圧迫します。乳首が硬くなっている時はやや長めにマッサージすると効果的です。

特別な道具がいらないので手軽ですが、デリケートな部位だけに手荒にマッサージすると乳首が傷ついてしまう可能性があります。

3.マッサージクリームを使う

乳首陥没に適したスキンケア成分が配合されたマッサージクリームを使う方法もあります。きれいなバストを作る女性ホルモン成分や、形を整えるサポート成分なども含まれているため、陥没乳頭(陥没乳首)はもちろん、バスト全体のハリ・ツヤアップも期待できるところが特徴です。

また、クリームを塗ると滑りが良くなるため、マッサージしやすくなるという利点もあります。マッサージクリームはいくつかありますが、おすすめは乳首陥没専用に開発された「ピュアナス」。

乳首陥没をケアする成分とともに、ニオイを抑える消臭成分もブレンドされているので、エチケットのためにも使えると評判です。

4.真性陥没乳頭(陥没乳首)の場合は手術が必要

陥没した乳首を自分で引き出せない=真性陥没乳頭(陥没乳首)の場合は、クリニックで「陥没乳頭形成術」と呼ばれる手術を受ける必要があります。

多くの美容外科で行われている手術は、乳頭を切開し、乳首が陥没しないように締め付けてから縫合するというもの。手術時間は短時間で済むものの、術後の痛みが強いところが難点です。

授乳が困難だと判断された方で、40歳未満で授乳の予定がある場合、保険が適用されます。

大学生のうちにクリーム・マッサージなどでケアを

乳首を自分で引き出せない真性陥没乳頭(陥没乳首)の場合は手術するしかありませんが、比較的軽度な症状ならセルフケアで乳首陥没を改善することも可能です。

おすすめは、先述した乳首陥没用のクリーム「ピュアナス」を使ったマッサージ。滑りがいいので乳首を傷つける心配はありませんし、多数の美容成分によってより効率的に陥没をケアすることができます。手動の乳首吸引器もついてくるのでセルフマッサージが苦手な人も安心でしょう。

ただ、セルフケアによる効果があらわれるまでには少し時間がかかります。まだ時間のある大学生のうちに、早めにケアするようにしましょう。

ピュアナス【お得な定期お届けコース】
※キャンペーン中
通常価格 10,800円(税込) →定期購入価格 7,980円(税込)

「ホームケアで陥没乳頭改善はピュアナスだけ!」陥没乳頭改善クリーム専用のピュアナスなら手術の必要はありません。
ただいま、定期コース新規お申込の方に限り、7,980円(税込、送料無料)キャンペーン実施中です!さらに定期コース新規お申込の方にもれなく乳頭吸引器を無料でプレゼント中です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事