「妊娠すると陥没乳頭(陥没乳首)が治る」はウソ!?正しい対処方法とは

妊婦

若い女性の間で急増している「陥没乳頭(陥没乳首)」。 現在は、約5人に1人の女性が陥没乳頭に悩んでいるといわれています。

「見た目的に人にみられるのがつらい」
だけでなく、
「将来授乳できるか不安」
と悩む方も多いでしょう。

しかし、ネットで調べてみると「妊娠すると陥没乳頭が治る」という口コミも確認することができます。

これは多くの人にあてはまる本当のことなのでしょうか?

実はただ単純に授乳させていれば治るわけではありません。その理由と、どのように対策していけば良いのかこのページでご紹介します。

妊娠してもすぐに治るわけではない

そもそも、妊娠すると陥没乳頭が治るといわれるその仕組みは、授乳時に赤ちゃんが陥没した乳頭ごと吸引するため、凹んだ乳頭が引っ張られて徐々にでてくることで治っていくことがあるからといわれています。

陥没乳首には、刺激を与えると一時的に乳首が突出する「仮性陥没乳頭」と、ほとんど突出しない「真性陥没乳頭」があります。

仮性陥没乳頭の場合だと、妊娠し授乳を続けていると陥没乳頭が治る可能性はあります。

しかし、これはあくまで乳頭が出るクセがついている場合です。

仮性陥没乳頭の場合、授乳前に乳頭マッサージや、吸引器という空気圧で乳頭を引っ張り出すグッズを使い、先に乳頭を出すクセをつけておけば、その後の授乳を続けていくことによって治る可能性があります。

一方、真性陥没乳頭の場合は、どんな器具を使っても乳頭部分を出すことができないため、手術をしないと治らないケースがほとんどのため、妊娠してしても治らないケースがほとんどです。

いずれにしても、「妊娠しただけで陥没乳頭が治る」はすべての方にはあてはまらないことで、正確には「事前にケアしておけば妊娠し授乳をし続けると陥没乳頭が治る」と覚えておきましょう。

ではここからは、妊娠してから陥没乳頭を治すための妊娠前ケア方法について紹介していきます。

妊娠前からケアをはじめていくと赤ちゃんが吸い付きやすいおっぱいに

そもそも陥没乳頭は、乳首につながる乳管という部分が未熟なままに乳房が大きくなることによって、乳管が内側から糸で引っ張られるような形になり、乳首が中に埋まってしまい発生します。

イラストにするとこのような感じです。

未熟な乳管は、血行を促進させると成長していきます。

妊娠前に血行を促進させるためにはこのような方法があります。

  1. 乳頭マッサージを行う
  2. 陥没乳頭専用のケアクリームを塗る
  3. 乳首吸引器などの器具を使って乳首が出やすいようにクセをつける

マッサージをすると血流がよくなるため、継続していると徐々に乳管が成長していき陥没乳頭が改善することがあります。

しかし、妊娠してから対策するのはおすすめできません。

乳首に過度の刺激を与えると子宮が収縮してしまう恐れがあるため、特に妊娠中期以降、医師や助産師へ相談した上で始める必要があります。

妊活中など、妊娠する前だとしっかりと継続的にマッサージに取り組むことができるため、妊娠前からこれらのケアを始めることをおすすめします。

妊娠前におすすめのマッサージ方法

妊娠前におすすめしたい乳頭マッサージの方法について、イラストでまとめてみました。

陥没乳首の治し方

もう少しくわしく解説するとこのようになります。

  1. 片手で乳房を下から包み込むように支え、反対の手の親指と人差し指を使って、乳首をつまんで引っ張り出す
  2. 乳首をつまみながら上下左右に5回ずつ、3-10秒ほどで位置を変えながら合計で1分ほど圧をかける
  3. 小刻みに位置を変えながらこよりをつくるようにねじる

この3つの工程を繰り返すことでさまざまな方向から、乳頭に刺激を与えることができます。

毎日マッサージを継続的に行うことで、継続的に血流がよくなると共に、乳首がでるクセがつくため、徐々に効果が表れてきます。

しかし、すぐに効果が出る訳ではありません。

クセ付きには個人差があるため徐々に効果がでてくる場合もあれば、うまくいかないこともあります。

今妊活をしていて、できるだけ早く妊娠前に陥没乳頭を治したい場合は、マッサージと合わせて乳頭吸引器や陥没乳頭クリームを併用するのもおすすめです。

乳頭吸引器+陥没乳頭改善クリームを使うとさらに効果UP

乳頭吸引器

まず、乳頭吸引器とは、乳頭を覆うようにかぶせて真空状態を作り、ピンクの部分を押すことで乳頭を引き出すことができる器具です。

マッサージよりも強い力で引き出すことができる為、マッサージを行う前に使うとより早く治る可能性があります。

シンプルにこれを使うだけでも効果的ですが、乳頭が出やすくなるためにクリームを塗ると滑りがよくなり乳頭が出やすくなります。

クリームは刺激の少ないクリームがおすすめですが、さらに効果を高めるためにおすすめしたいのが、陥没乳頭改善クリームの「ピュアナス」です。

ピュアナスには、乳腺を成長させる成分と血行を促進させる成分が配合されています。

体の内と外からケアを行うことによって改善効果が期待するアイテムです。

ピュアナスの使い方はとても簡単です。

  1. 乳頭吸引器で乳頭を引き出す
  2. 小豆大ほどのピュアナスを手に取る
  3. よく塗り伸ばす
  4. 30~60秒ほど吸引器を使って乳頭を引き出す
  5. マッサージを行って完了

毎日しっかりと続けていくことによって、

現在ピュアナスには初回購入者限定で乳頭吸引器も無料で付属してきます。

ピュアナスのさらに詳しい内容はこちらのページでまとめているので、興味のある方はぜひご覧ください。

完全に治らなくても授乳はできる

陥没乳頭の人の中には、「出産後に授乳できないのではないか」と心配な人も多いと思います。

しかし、陥没乳頭だからすべて授乳できないというわけではありません。

吸引器などを使用し、陥没状態を一時的に改善させて赤ちゃんに吸わせることも可能です。

また、赤ちゃんが吸いやすいようにシリコン製のニップルシールドなどを付けることで授乳ができる場合もあります。

このような器具を使っても改善できないばあいでも解決方法はあります。

乳房から直接授乳することにこだわらない人であれば、搾乳機を使用して哺乳瓶に母乳を溜めて、赤ちゃんに飲ませるといいでしょう。

特に、出産直後の「初乳」には、栄養面・免疫面ともに赤ちゃんにとって必要な成分がたくさん含まれています。

赤ちゃんが飲みやすい方法を選び、授乳することが大切です。

妊娠中に陥没乳頭になるケースも

「妊娠して陥没乳頭が治る」どころか、「妊娠して陥没乳頭になった」ケースもあります。

陥没乳頭になる原因の1つは、「乳腺や乳管が未発達のままバストのボリュームが大きくなる」ことです。

乳管が短いままバストだけが大きくなると、乳首が乳房に埋もれてしまうこともあるのです。

特に妊娠中は女性ホルモンが急増し、バストがボリュームアップします。

乳管はそのままなのにバストだけが大きくなってしまった場合、妊娠中に陥没乳頭になってしまうケースがあるのです。

この場合は、出産後授乳していくうちにバストのボリュームが元に戻り、それにともなって陥没乳頭も自然に解消されることが多いでしょう。

陥没乳頭はなるべく早く改善!

仮性なのか真性なのかによって陥没乳頭の対処法は変わります。

仮性の場合は改善が見られることもありますが、「妊娠すれば治る」とは考えず、妊娠前にいろいろな方法を試してみることをおすすめします。

また、妊娠してしまってからでも放置することなく、なるべく早くから自分に合った対処法を見つけ、準備をし、継続的に対策していくことが大切ですよ。

  • ご愛用者の声
  • 陥没乳頭の原因
  • 成功へのヒント
  • 吸引器の使い方

この記事の監修者

この記事の監修責任者

陥没乳頭改善ピュアナス開発事業本部

陥没乳頭で悩む方へ専門医と連携し陥没乳頭改善・専用バストクリームの
ピュアナスを2016年より開発、2017年3月に発売。
「世の中の女性をもっと美しく。」独自企画・開発した本物の商品をお届する為、
日々研究開発を行っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事