陥没乳頭(陥没乳首)を治す有効な4つの方法

陥没乳首を治す方法

乳房は成長しているのに、乳頭の内側にある乳管に関わる組織が未発達のため乳房の中に引き込まれて起こる。

これが、陥没乳頭(陥没乳首)が発生する原因の一つです。

ただ、埋もれてしまった乳頭を引っ張り上げることで症状は改善されます。

このページでは、陥没乳頭を治す方法として、有効な4つの方法をご紹介します。

最初の3つは、なんらかの刺激を与えると一時的に出てくる仮性陥没乳頭の場合の方法です。

見分け方については以下の画像をご参考ください。

自分がどちらにタイプに該当するのか、この機会に確かめてみましょう。

1.日々のマッサージでケアする


人差し指と親指で乳首をつまんで引っ張ってください。

そのとき、1回3秒~5秒くらいかけてゆっくりと圧迫していきます。乳首の根元から乳頭に向かって行いましょう。これを毎日繰り返し続けます。

痛みを感じるようなら中止し、様子を見ながら進めてください。

軽度なら、マッサージをしているだけで出てくる場合もありますが、先天的に陥没している場合、簡単には出てこないと思います。

どのくらい陥没しているかにもよりますが、刺激しても出てこないようなら一度診察を受けてみても良いかもしれませんね。

2.吸引器を使用して空気圧で引っ張る

吸引器
マッサージと合わせてポピュラーな方法が、乳頭吸引器を使って乳首を引きだす方法です。

様々な種類があり、

  1. 手動式乳頭吸引器
  2. 装着型乳頭吸引器
  3. プレストシールド

などがあります。

1,2は空気圧で陥没した乳頭を吸引する商品、3はドーナツ状態真ん中があいた器具を陥没部分に当てて装着することで圧迫して周りが押し下げり乳頭が押し出されます。

これらの道具を使用し続けることで、乳首が出る癖をつけることができます。

ただし、無理やりするとマッサージよりも強い力が働くため、痛みが強くなり、傷がついてしまうこともあります。

そのため、クリームなどを乳頭に塗り、摩擦を少なくするとより効果的です。

また、雑菌混入など衛生面も気をつけなければならないので、器具は清潔にして保管し 、痛みや違和感を感じた場合はすぐに中止しましょう。

3.ピュアナスクリームを使う

マッサージや乳頭吸引器を使うとき、クリームを使うと摩擦が少なくなり乳頭が出やすくなりますが、その際陥没乳頭改善クリームの「ピュアナス」を使うとより効果的にケアすることができます。

陥没乳頭を正常に戻していくためには、

  • 理想の乳首への成長をサポートする女性ホルモンを活性化するはたらき
  • くぼみがなくなるように乳首の柔軟性を高め、乳頭を出やすくはたらき
  • 乳首の大きさを整える血行促進のはたらき

この3つのはたらきが重要であり、この働きによってくぼみを解消し、理想の乳頭の形へとキープすることができるのです。

ピュアナスには、これらをケアする成分が配合しているため、毎日継続的に塗り続けることで、血液の流れが良くなれば細胞が活性化されるため、陥没乳頭(陥没乳首)を肥大させる効果が期待できます。

また、硬い乾燥した状態の乳頭はなかなか出てきにくい特徴がありますが、乾燥を防ぎしっとりとした柔らかい乳頭にする効果も期待できますよ。

さらに、女性ホルモンの活性化によって黒ずみなども改善するので、綺麗な状態を保つこともできるでしょう。

透明のジェル状のテクスチャは、塗布した際の刺激もなく、ほのかなローズの香りがするさわやかな塗り心地が特徴でオイルのようなベタつきもありません。

1日朝晩2回使い続けて使用すると、キレイな形のバストトップになることが期待できます。

じっくり少しずつ改善を目指していくというスタンスで取り組みましょう。

注意点として、妊娠中の使用は推奨されていません。

特に妊娠初期はマッサージなどで乳首を刺激すると子宮が収縮するので、ご紹介した方法は避けてください。

下腹部痛や張りを感じた場合はすぐに中止しましょう。.

ピュアナスについてもっとくわしく知りたい方は以下のページをご覧ください。

4.外科手術によって治す

医療器具
陥没乳頭は手術で治す方法もあります。

最初にご紹介した仮性陥没乳頭だけでなく、刺激を与えても全く出てこない「真性陥没乳頭」の場合でも有効な方法です。

手術方法はさまざまあり、乳管を温存する方法と乳管切除法のどちらかで、陥没乳頭(陥没乳首)の治療を行います。

出産前なら乳管を温存する方法を勧められますが、陥没の度合いによって術式が変更になる可能性もあるようです。

また、術後はすぐに日常生活へ戻れますが、術後のケアや抜糸があるため、完全に治るまでに10日~2週間程度かかることになります。

40歳以下で将来授乳する可能性がある方は、保険治療ができる可能性がありますが、クリニックによっては保険治療を認めていないところもあるようです。

その場合は、数十万円という高額な治療費用がかかるので、これくらいの費用がかかることは想定しておきましょう。

また、手術をするとスピーディーに治る可能性もありますが、術後は痛みが発生する可能性や、再発の可能性も0ではないようです。

手術をするクリニックでこれらの説明はされると思いますが、複数のクリニックで手術方法や保険適用の有無など確認してから、判断することをおすすめします。

ピュアナスクリームならリーズナブルにやさしくケアできる!


手術で治すこともできますが、仮性陥没乳頭で、費用などが気になる場合はピュアナスクリームがおすすめです。

クリームにプラスしてマッサージや吸引を行うこともできるので、自分のペースで続けることができますよ。

手術の場合、条件が合って保険が適用されたとしても、手術には5万円ほどかかります。

一方、ピュアナスクリームなら、手術を受けられる金額で約5ケ月分を購入できますし、早ければ約1ケ月で効果が出るので、手術より費用がかからずに済むかもしれません。

ご自分に状況に合わせて、方法を選んでみてくださいね。

この記事の監修者

この記事の監修責任者

陥没乳頭改善ピュアナス開発事業本部

陥没乳頭で悩む方へ専門医と連携し陥没乳頭改善・専用バストクリームの
ピュアナスを2016年より開発、2017年3月に発売。
「世の中の女性をもっと美しく。」独自企画・開発した本物の商品をお届する為、
日々研究開発を行っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事