陥没乳頭(陥没乳首)を治す有効な4つの方法

陥没乳首を治す方法

乳房は成長しているのに乳首は成長していない。それが陥没乳頭(陥没乳首)の原因の一つとなっていますが、埋もれてしまっている状態を引っ張り上げることで治すことができます。
陥没乳頭(陥没乳首)を治す方法として、以下の4つがあげられます。

1.マッサージでお手入れをする

人差し指と親指で乳首をつまんで引っ張ってください。そのとき、1回3秒~5秒くらいかけてゆっくりと圧迫していきます。乳首の根元から乳頭に向かって行いましょう。これを毎日繰り返し続けます。痛みを感じるようなら中止し、様子を見ながら進めてください。

軽度なら、マッサージをしているだけで出てくる場合もありますが、先天的に陥没している場合、簡単には出てこないと思います。どのくらい陥没しているかにもよりますが、刺激しても出てこないようなら一度診察を受けてみても良いかもしれませんね。

2.吸引器などの器具で引っ張る

乳頭吸引器を使って乳首を引っ張る方法です。吸引器の他にもプレストシールドなどがあり、これらの道具で陥没乳頭(陥没乳首)を引き出すことができます。圧力を加えることで形をクセづけ、乳首が出た状態を位置づけるようなイメージです。

マッサージよりも強い力が働くため、痛みが強くなり、傷がついてしまうこともあります。人によって個人差はありますが、半年くらいで徐々に変化してくるでしょう。器具を使うときは体調を考慮し、生理前や生理中は控えてください。また、雑菌混入など衛生面も気をつけなければならないので、器具は清潔にして保管する必要があります。

3.ピュアナスクリームを使う

手術をするよりも費用が抑えられるため、ピュアナスクリームを使ってケアするのもおすすめです。インドナガコショウ果実エキスやダイズ種子エキスが含まれているこのクリームには、血行を促進させる働きがあります。血液の流れが良くなれば細胞が活性化されるため、陥没乳頭(陥没乳首)を肥大させることができるでしょう。

1ケ月後くらいから効果を実感できようになり、陥没乳頭(陥没乳首)の改善だけでなく乾燥を防ぐ効果もあります。女性ホルモンの活性化によって黒ずみなども改善するので、綺麗な状態を保つこともできるでしょう。無添加・無着書なので副作用もほとんどありません。授乳中でも使うことができるため、産後ケアとして利用している方もいらっしゃいます。自分の状態に合わせて中止や変更ができるので、必要がなくなればいつでも止められるところがメリットです。

4.手術をして効率的に治す

乳管を温存する方法と乳管切除法のどちらかで、陥没乳頭(陥没乳首)の治療を行います。出産前なら乳管を温存する方法を勧められますが、陥没の度合いによって術式が変更になる可能性は否定できません。また、術後はすぐに日常生活へ戻れますが、術後のケアや抜糸があるためそれに10日~2週間程度かかることになります。

日帰り手術にも対応してもらえるので、忙しい人でも手術を受けられます。ただ、傷が落ち着くまでは、強い日光でシミのできやすい状態となるため注意してください。また、短時間で済む手術ではありますが、肌の弱い人はかぶれることもあるので、経過観察をするようにしましょう。

ピュアナスクリームなら手術より安く済むことも!

Close-up of cream blue background
手術で治すこともできますが、安全性や費用が気になる場合はピュアナスクリームがおすすめです。クリームにプラスしてマッサージや吸引を行うこともできるので、自分のペースで続けることができますよ。

手術の場合、条件が合って保険が適用されたとしても、手術には5万円ほどかかります。一方、ピュアナスクリームなら、手術を受けられる金額で約5ケ月分を購入できますし、早ければ約1ケ月で効果が出るので、手術より費用がかからずに済むかもしれません。
ご自分に状況に合わせて、方法を選んでみてくださいね。

ピュアナス【お得な定期お届けコース】
※キャンペーン中
通常価格 10,800円(税込) →定期購入価格 7,980円(税込)

「ホームケアで陥没乳頭改善はピュアナスだけ!」陥没乳頭改善クリーム専用のピュアナスなら手術の必要はありません。
ただいま、定期コース新規お申込の方に限り、7,980円(税込、送料無料)キャンペーン実施中です!さらに定期コース新規お申込の方にもれなく乳頭吸引器を無料でプレゼント中です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事