このエントリーをはてなブックマークに追加

治りかけでも注意!治療中に起こる陥没乳頭(陥没乳首)のトラブル

陥没乳首のなおりかけ

「マッサージなどを頑張った結果、陥没乳頭(陥没乳首)が少しずつ治ってきた!」

長い間悩んできた陥没乳頭(陥没乳首)が改善してきたら、とても嬉しいものです。しかし、実はこの治りかけの状態で起こるトラブルもあります。

「せっかく治ってきたのにまた逆戻り!?」

いいえ、そんなことはありません。きちんと対処すれば何の心配もいりませんから安心してくださいね。

今回は陥没乳頭(陥没乳首)が治りかけている時に起こりがちなトラブルと、その対処法についてご紹介します。

治りかけの乳首の皮膚は柔らかく、刺激に弱い

陥没乳頭(陥没乳首)が治りかけの時に起きるトラブル
陥没している状態の乳首は、乳房の脂肪に覆われた状態だったため外部の刺激から守られている状態でした。そのため、陥没状態が改善されたことで外に出てきた乳首の皮膚はまだ薄く、ブラジャーの繊維などに擦れただけでも刺激を感じてしまうこともあるのです。

もしもブラジャーのカップがきつくて擦れてしまうようでしたら、少しサイズの大きいものに変えることが必要かもしれません。

皮めくれや水ぶくれになることも!?

陥没乳頭(陥没乳首)が治りかけの状態では、乳首が陥没したり、外に出ている状態が交互に繰り返されます。そうするとその刺激だけでも乳首の薄い皮膚はめくれたり、ひどくなると傷や水ぶくれができてしまうケースもあるようです。

皮膚は刺激を受け続けると防御反応でだんだんと厚く丈夫になっていきます。それまでは傷ができ、かさぶたになって治るのを繰り返していきます。しかし、時にはその傷が原因となって炎症を起こし、乳腺炎に繋がることもあるので注意が必要です。

また、めくれた皮は乳頭部の皮膚の間に溜まることもあり、見た目が汚く感じることも。ついついめくれた皮を指で摘んで取り除きたくなるかもしれませんが、皮を引っ張ることで傷ができることもありますから、止めましょう。

皮膚の傷や刺激にはワセリンなど軟膏状のものがオススメ!

ワセリン

まだ皮膚が薄い状態の乳首には、低刺激な軟膏状のものを塗ってあげれば、それが潤滑油の役割になって摩擦による刺激を軽減できます。バストケア専用のクリームや、赤ちゃんの肌にも使えるワセリンなどがオススメです。

刺激が強いものだと、皮膚にあるメラニンが分泌されて色素沈着による乳首の黒ずみや、乾燥がひどくなることもあるので注意してくださいね。

また、皮めくれ対策にもワセリンなどで保湿・保護することが有効です。すでにめくれて溜まってしまった皮は、オリーブオイルなど肌に優しいオイルに浸した綿棒などで優しく拭き取るように掃除するといいですよ!

綿棒でも刺激が強い場合は、指の腹を使いましょう。この時、爪を使ってしまうと過敏な状態の乳首には刺激が強すぎるので気をつけましょう。

入浴時にも注意が必要!

入浴時、体を洗うのに使っているボディソープやボディタオルも刺激が弱いものを使ったり、ゴシゴシこすらないようにしましょう。ついつい汚れを落としたくて強めにこすりがちですが、優しく洗うようにしてくださいね。

乳首から何か出てくるのが不安なときは?

陥没乳頭(陥没乳首)を治していくのに吸引器具を使っている人も多いと思います。その時に黄色い液体が出てきたことはありませんか?
膿なんじゃないのか、と不安に感じる人もいるかもしれませんが、これはリンパ液です。ケガをした時などにも出てくるあの液体と同じものです。

また、乳首の先端から白い糸状のものが出てきてビックリ!ということも。
これの正体は、乳首の中にある乳管に溜まっていた母乳の塊です。吸引の刺激でたまに出てくることがあるのです。

優しく拭き取るだけでOK!

黄色い液体も白い糸状のものも、ずっと出続けるものではないのであまり心配はいりません。天然のオイル(低刺激のもの)を浸したティッシュやタオルなどで優しく拭き取りましょう。オイルを含ませて拭き取ることで、乳首の保湿にもなるので刺激や皮めくれの改善にも役立ちます。

もしも、黄色い液体や白い糸状のものがずっと出続けたり、違和感を感じるようで不安でしたら、病院で診察を受けてくださいね。

手術後の主なトラブルとその対処法は?

今までは、吸引器などで治療できる仮性の陥没乳頭(陥没乳首)のケースをご紹介してきましたが、ここからは、真性の陥没乳頭(陥没乳首)を手術で治療したケースに起こりやすいトラブルについてご紹介します。

1〜2週間は特に注意が必要

陥没乳頭(陥没乳首)の手術は、局所麻酔や静脈麻酔を使ったものなので入院の必要がなく日帰りできます。痛みは1〜3日くらいで治まり、1週間後くらいに抜歯するケースが多いです。

引っ込んでいた乳首を引っ張り上げたままの器具をしばらくつけている必要がありますが、抜歯のときに外すことが多く、経過によっては1ヶ月くらいつけ続けるケースも。

人工的に釣り上げて縛ったりしているので血行の状態はとても重要で、少しでも異常を感じたり、変色や強い痛みがあるときはすぐに手術した病院で診察を受けましょう。

手術後1ヶ月はブラで圧迫するのを防いだり、うつ伏せで寝るのも避ける必要があります。感覚が一時的に鈍くなることもありますが、3ヶ月くらいで元通りとなります。

傷跡がケロイド状になるケースもありますが、ステロイド注射やレーザー照射などで改善されます。ただし、体質的なものもあり完全に治すことができないことも。

喫煙者は注意!術後1ヶ月は絶対に禁煙を!

喫煙は血液循環を悪化させます。傷の治りが悪くなったり、細菌感染を起こす可能性が高くなるので、術後最低1ヶ月間は絶対に禁煙をしましょう。せっかく手術をして治療できても、台無しになってしまいます。

再手術の必要がある場合は、4ヶ月以降に

手術後4ヶ月ほどは腫れや炎症が続くこともあり、よほど緊急のトラブルが無い限り、再手術は4ヶ月後以降に行われることがほとんどです。

陥没乳頭(陥没乳首)の完治まであと少しです。慌てないで正しいケア・処置を行えば問題はありません。

しかし、症状が長引いたり違和感を感じるようでしたら、特に手術をした人はすぐに病院で診察を受けたほうがいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピュアナスで安心・簡単ホームケア!

通院・手術の費用やリスク、セルフケアのトラブルなど、なかなか尽きない陥没乳頭のお悩み。手軽で安全にできる、ホームケアの方法があったら安心ですよね。
それを実現してくれるのが、陥没乳頭のセルフケアクリーム「ピュアナス」です。

ピュアナスの特徴

ピュアナスは、陥没乳頭の原因と言われている未発達の乳腺に着目。乳腺の成長に欠かせない、女性ホルモンにはたらきかける成分を、ぜいたくに配合したケアクリームです。

ピュアナスが考える脱陥没乳頭のステップは3つ。

  1. 乳腺と乳管の成長促進
  2. 乳頭口の軟化促進
  3. 乳頭部の形状矯正促進

まず、乳腺と乳管の成長には女性ホルモンが欠かせません。ピュアナスは、プラエリアミリフィカ根エキス、ザクロ果実エキス、ダイズ種子を贅沢に配合し、女性ホルモンの分泌促進をサポート。

3つのぷっくりサポート成分とバストケア成分を

さらに、皮膚各層にはたらきかける、美容成分である3種類のヒアルロン酸を始め、血行促進成分、ニオイや黒ずみを抑えるバストケア成分も配合。使い続けることで、バストケアをしながら、理想のぷっくりとした乳頭へ導いてくれます。

また、乳頭部の形状矯正には、血液を乳頭部に集中させることが大事。インドナガコショウ果実エキス(血行促進)や、オリゴペプチド-20(形状形成サポート成分)などを配合することで、形状活性化をしっかりサポートします。

ピュアナスにはうれしいポイントがたくさん!

ピュアナスは1日2回、塗ってマッサージをするだけの簡単スピードケア。難しいケアは一切必要ありません。誰にも言えない、言いたくない、そんな陥没乳頭のお悩みを、ご自宅で簡単にセルフケアできるのが、何よりもうれしいポイントです。

陥没乳頭のケアからバストケアまでトータルケア

まずは専用吸引器と併用。吸引器で乳首を十分出して乳首にピュアナスを擦り込むようにマッサージ。朝晩1日2回を数ヶ月続けていただくことで、ほとんどの方が改善されております。(モニター様改善満足度92%)

「1カ月で効果を感じ始めました!長年の悩みが解決できました」
「授乳がスムーズにできるようになりました!」
「黒ずみやニオイなどもケアしてくれるのがうれしい」

など、お喜びの声もたくさんいただいています。

気になる費用も、いつでもやめられるお得な定期購入に申し込むと、1日あたり約260円。負担なく続けることができるのも、うれしいポイントなんです。通院や手術による費用やリスクを心配する前に、まずはお手軽なセルフケアから始めてみませんか?

陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事