このエントリーをはてなブックマークに追加

最大50万円?陥没乳首の手術費用について解説

陥没乳首の手術

乳首が乳房にうまっている、いわゆる陥没乳首で悩んでいる女性は意外と多いものです。見た目上の悩みだけでなく、衛生面で考えても垢や汚れがたまり雑菌が繁殖すれば乳腺炎などの病気になるリスクもあります。

また、赤ちゃんが乳首をくわえづらいため授乳が難しいケースも。

対処法はさまざまありますが、今回はその中でも外科手術を行なった際の費用について解説します。

陥没乳首の手術では保険が適用されるケースもある!

陥没乳首には、指で乳首を引っ張るなどの刺激を与えると外に出てくる「仮性」と、外に出てこない「真性」があります。

真性の陥没乳首の場合、主な解決方法は手術になりますが、やはり気になるのはその費用ですよね。

手術費用に保険は適用されるのでしょうか?

授乳障害が認められ、今後授乳予定がある人は保険が適用される

陥没乳首の手術費用

保険が適用されるのは、医療機関で診察を受けて授乳に障害が出ると診断された人で、今後授乳の予定がある人に限られます。

40歳未満でないと適用されないという話も耳にしますが、厚生労働省では保険を適用できる条件として年齢は設定していません。最近は40代で出産・授乳する女性も多くなり、年齢に関しては都道府県やクリニックごとで対応が違うなど、はっきりしたことはわからないのが実情です。

つまり、現在授乳困難な状態か、今後授乳する予定がある場合は年齢に関係無く保険が適用される可能性があるということです。まずは診断する医師に相談してみましょう。

もし授乳困難な状態にも関わらず、年齢のせいで保険が適用されない、と受診したクリニックで言われた場合でも、他のクリニックでは保険を適用してくれることもあるので覚えておいてください。

保険が適用されれば両側で5〜8万円ほど

保険が適用された場合の手術費用は、麻酔や薬剤なども含めて両胸で5万円前後かかると言われています。重症の場合は8万円程度かかるようです。

保険が適用されない場合は30万円前後から50万円くらいになることも!

陥没乳首を治したくて治療をする理由が、授乳困難だけではなく形をキレイにしたいというような美容目的だった場合や、もともと自由診療しか扱っていないクリニックなどでは、当然ながら保険は適用されません。

全て自己負担になった場合、両胸で30万円前後かかることがほとんどのようです。また、手術に使用する器具や薬剤によっては更に費用がかかり、50万円くらいになるケースも。

しかし、そういった場合、手術後に再度陥没したり、形が気に入らない場合は無料もしくは低額で再手術してくれる保障サービスを付けているところも多いため、あえて自由診療での手術を希望する人もいます。

真性でなくても陥没乳首の場合、放置していても良いことはありません。真性(重度)でなければ、手術以外の方法(マッサージや吸引器など)でも改善する方法はありますから、まずは医師に相談して適切な対処法を探してみることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

1日たった260円の自宅ケアはじめる→

関連する記事