このエントリーをはてなブックマークに追加

陥没乳首の対処法を真性・仮性それぞれで徹底解説

陥没乳首の対処法を真性・仮性それぞれで徹底解説

最近は成人女性の10人に1人、特に若い女性の中では5人に1人はいると言われている「陥没乳首」。両方陥没している人もいれば、片方だけという人もいます。また、陥没乳首は、仮性と真性という2つのパターンがあり、対処法も異なります。仮性と真性のそれぞれで詳しくご紹介します。

仮性?真性?その違いは刺激を与えて出てくるかどうか

まず、仮性・真性どちらの陥没乳首なのかを知る必要があります。調べる方法は簡単です。陥没している乳首に刺激を与えてみましょう。刺激を与えると、陥没している乳首が表に出てくる場合は仮性です。刺激を与えても出てこない場合は、真性の可能性が高いです。

仮性の陥没乳首を改善する2つの方法を紹介!

1.吸引器を使用する

仮性の陥没乳首の場合、市販の吸引器を使うことで改善することがあります。

陥没乳首に吸引器のキャップのようなものを装着して、ポンプ圧で空気を抜いていくと、キャップの中が真空になり乳首が出てくる、という仕組みです。これを適度に繰り返すことで徐々に症状が改善される可能性があります。

片手で使用できますし、柔らかい素材で作られている物が多いので、長時間つけていたとしても肌荒れのリスクは低いでしょう。

手入れがしっかりされた清潔な吸引器であれば、24時間衣服の下につけっぱなしにしても支障が出ることは少ないです。

ただし、手入れを怠った吸引器を使用し続けると、乳腺炎を引き起こす可能性もあります。使用後はしっかりと洗って清潔な状態を保ちましょう。

2.オリーブオイルなどを使ってマッサージ

オリーブオイルなど、皮膚に直接塗っても害がなく、刺激が少ないオイルを使ってマッサージする方法も効果的と言われています。

ただし、妊娠中の場合は注意が必要です。妊娠初期は乳首を刺激すると子宮が収縮するので、マッサージはしないで下さい。20週目を過ぎたあたりからは可能ですが、下腹部痛や張りを感じた場合はすぐに中止して下さい。

仮性の陥没乳首ならば授乳できる可能性は高い

「陥没乳首だと授乳できるかどうか不安」とよく聞きますが、仮性の場合は授乳できる可能性が高いです。まずは吸引器かマッサージを試してみてください。マッサージについては、以下のような方法で行うと効果的です。

真性の陥没乳首の場合は専門医を受診しましょう

自己チェックで乳首が表に出てこなかった場合でも、刺激の度合いや刺激の与え方によっては、出てくる=仮性の可能性もあります。しかし、真性の可能性もあるため、まずは専門医の診察を受けてみるとよいでしょう。

真性の陥没乳首には手術の可能性も

真性の陥没乳首の場合、最終的に外科手術を受ける人も少なくありません。

手術の内容ですが、乳輪の部分と乳首の一部を切開して、乳管組織を引っ張り上げ縫合するという方法が一般的です。

しかし、上記の手術方法だと乳腺を切ってしまう恐れがあります。手術後、母乳による育児を希望するのであれば、乳腺を傷つけずに執刀できる経験豊富な医師を選びましょう。病院によっては、切り込み部分を小さくし、乳腺を温存する手術に対応してくれるところもあります。

陥没乳首の手術は保険がきかない

基本的に陥没乳首の手術に保険は適用されません。ただし、40歳未満で今後授乳の予定がある場合は、例外的に保険が適用されるケースもあるようです。病院に確認してみましょう。

真性の陥没乳首だと授乳はケース・バイ・ケース

刺激を与えても乳首が表に出てこない、常に陥没している場合は真性である可能性が高いです。授乳の可否については、ケース・バイ・ケースと言えます。

仮性・真性ともに乳腺炎に注意!

常に乳首が陥没した状態だと、垢などの汚れがたまっていきます。そこに雑菌が増殖すると、乳腺が詰まって炎症(乳腺炎)を起こす可能性が。炎症がひどくなってくると、日常生活に支障をきたすほどの痛みを伴うこともあるので気をつけましょう。

また、乳腺から入った菌が血液を通して身体中に移動し、炎症が全身に広がる恐れもあります。もし乳首が赤く腫れて痛み、高熱が出るようならば、なるべく早めに専門医の診察を受けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事