陥没乳頭(陥没乳首)は50%の確率で遺伝する!?子どもに遺伝したらどうすべき?

スキンシップする親子

若い女性の方に特に多く、女性の約5人に1人が悩んでいるといわれている陥没乳頭(陥没乳首)。

その原因は、遺伝の可能性があるとされています。

「親から陥没乳頭が遺伝しているかも。」
「もし、自分の陥没乳頭が子供に遺伝してしまったら…」

と心配されている方もいるかと思いますが、陥没乳頭にも重度や軽度など症状があり、初期や中期であれば適切な対策をすれば治る可能性があるのでご安心ください。

こちらのページでは、陥没乳頭(陥没乳首)の遺伝による影響と、自分の子どもに陥没乳頭(陥没乳首)が遺伝してしまったらどうすべきかを解説しています。

陥没乳頭をなんとかしたいと考えている方は、参考にしてみてください。

確率50%!陥没乳頭(陥没乳首)は遺伝することもある

遺伝子は父親と母親どちらからも受け継ぐものです。

病気に関する遺伝子が子どもに伝わる確率が50%であると言われているため、親のどちらかが陥没乳頭(陥没乳首)だった場合、同様の確率で子に陥没乳頭(陥没乳首)が遺伝することになります。

では、どのように陥没乳頭が遺伝するのかご紹介します。

バストサイズと同様に陥没乳頭(陥没乳首)にも遺伝の影響がある

バストサイズの大きさは、子どもにも遺伝します。

そもそも陥没乳頭(陥没乳首)の主な原因の一つとして「乳首につながる乳管という組織が未熟なまま乳房が大きくなり、乳管の内側から糸のように引っ張られる形で乳首が乳房に埋まってしまう」というものがあります。

バストサイズが大きいことが遺伝すると、バストが大きくなる過程で乳管の成長が追いつきにくくなり、陥没乳頭(陥没乳首)が発生しやすくなるのです。

また、第二次成長期(いわゆる思春期のこと)の時期や、ホルモンバランスも遺伝による影響もあります。

これらは、乳首の形状にも影響するため、両親どちらかが陥没乳頭の場合はそのまま遺伝してしまう可能性があるわけです。

病気など後天的なものが原因のケースも

しかし、陥没乳頭(陥没乳首)は全て遺伝と関係しているわけではありません。

両親ともに陥没乳頭(陥没乳首)ではないのに、成長段階で子どもの乳首が陥没するケースや、病気などが原因で後天的な陥没乳頭(陥没乳首)になるケースもあります。

また、逆のパターンも当然あり、陥没乳頭(陥没乳首)の遺伝子を受け継いだとしても、陥没しない可能性もあります。

片方の親が陥没乳頭(陥没乳首)であっても、もう片方の親の遺伝子がそれを押さえ込めば表には出てこないため、ご安心ください。

確率50%!陥没乳頭(陥没乳首)は遺伝することもある

当然のことですが、遺伝子は父親と母親のどちらからも受け継ぐものです。

病気に関する遺伝子が子に伝わる確率が50%であると言われていますから、親のどちらかが陥没乳頭(陥没乳首)だった場合も、同様に50%の確率で子が陥没乳頭(陥没乳首)になると考えられます。

バストサイズと同様に陥没乳頭(陥没乳首)にも遺伝の影響がある

バストサイズが大きめだと、子にもそれが遺伝するというのはよくある話です。

また第二次性徴期(いわゆる思春期のこと)がやってくる時期や、ホルモンバランスも遺伝による影響が大きいと言われていますから、乳首の形状も当然、遺伝の影響が大きいということになります。

陥没乳頭(陥没乳首)の主な原因の一つとして、「乳首につながる乳管という組織が未熟なまま乳房が大きくなり、乳管の内側から糸のように引っ張られる形で乳首が乳房に埋まってしまう」というものがあります。

そのため陥没乳頭(陥没乳首)とバストサイズには強い関連性があると考えられます。

近年、日本女性の平均バストサイズが大きくなっていることも、陥没乳頭(陥没乳首)の女性が増加している一つの原因とされているのです。

病気など後天的なものが原因のケースも

しかし、陥没乳頭(陥没乳首)は全て遺伝と関係しているわけではありません。

両親ともに陥没乳頭(陥没乳首)ではないのに、成長段階で子の乳首が陥没するケースや、病気などが原因で後天的な陥没乳頭(陥没乳首)になるケースもあるからです。

また、たとえ陥没乳頭(陥没乳首)の遺伝子を受け継いだとしても、陥没しない可能性もあります。

片方の親が陥没乳頭(陥没乳首)であっても、もう片方の親の遺伝子がそれを押さえ込めば表には出てこないからです。

刺激すると出てくる仮性陥没乳頭の場合は、治る可能性がある

陥没乳頭(陥没乳首)は主に2つのタイプに症状が分かれています。

  1. 仮性陥没乳頭:指で刺激したりひっぱると出てくる
  2. 真性陥没乳頭:何をしても出てこない乳頭

もし陥没乳頭が遺伝したとしても、仮性陥没乳頭の場合はマッサージや乳頭吸引器などの器具を使えば改善する可能性があります。

マッサージを毎日継続する

マッサージをすると血流がよくなるため、継続していると徐々に乳管が成長していき陥没乳頭が改善していきます。

また、マッサージの際は乳頭をひっぱり出す為、乳頭に出るクセがつくため治る可能性があります。

陥没乳頭対策マッサージの方法については、こちらのイラストをご覧ください。

陥没乳首のマッサージ方法
もう少しくわしく解説するとこのようになります。

  1. 片手で乳房を下から包み込むように支え、反対の手の親指と人差し指を使って、乳首をつまんで引っ張り出す
  2. 乳首をつまみながら上下左右に5回ずつ、3-10秒ほどで位置を変えながら合計で1分ほど圧をかける
  3. 小刻みに位置を変えながらこよりをつくるようにねじる

この3つの工程を繰り返すことでさまざまな方向から、乳頭に刺激を与えることができます。

毎日継続することで、継続的に血流がよくなると共に、でるくせがついてくるため、徐々に効果が表れてきます。

1ヶ月を目処にマッサージを続けて改善がみられない場合は、陥没乳頭の症状が進行している可能性があります。

その場合は、マッサージの効果をさらに高める陥没乳頭クリームを使ってみるのもおすすめです。

陥没乳頭改善クリームを使う

先述の通り、陥没乳頭はバストの大きさなどが遺伝し乳腺が未発達となって発生します。

陥没乳頭改善クリームのピュアナスには、乳腺を成長させる成分と血行を促進させる成分が配合されているため、塗ってからマッサージすることで、マッサージの効果をさらに高め改善効果が期待できるようになります。

さらに陥没した部分が硬いままだとマッサージでいくら血行を促進しても、乳頭がぷっくりと膨れてこない可能性があります。

ピュアナスには、固くなっている乳首を柔らかくする成分も配合されている為、乳頭が出やすい状態にしてくれる効果もあります。

ピュアナスを塗ってマッサージを続けることで、未発達の乳首の成長を促進させ凹みを改善し、自然に膨らんだ理想の乳首の形へと近づけることができるのです。

使い方はとても簡単で、初回購入者限定で無料で付属する乳頭吸引器を併用しながら使っていきます。

  1. 乳頭吸引器で乳頭を引き出す
  2. 小豆大ほどのピュアナスを手に取る
  3. よく塗り伸ばす
  4. 30~60秒ほど吸引器を使って乳頭を引き出す
  5. マッサージを行って完了

ピュアナスのさらにくわしい内容はこちらのページでまとめているので、興味のある方はぜひご覧ください。

子どもが陥没乳頭(陥没乳首)だった場合でも慌てないで

乳腺の様子

マッサージや乳頭吸引器による対策も可能ですが、ただ、成長過程のお子様に行うことは以下の理由で早いといわざるをえません。

対策をおこなうにしても 十分に注意しながら対策することをおすすめします。

乳幼児期から乳腺に強い刺激を与えるのはNG!

子どもの時から陥没乳頭(陥没乳首)だった場合でも、すぐに慌てて対処する必要はありません。

女の子の場合、乳房が膨らみ始める思春期になると、ホルモンバランス等の変化によって自然に治ることもあります。

男の子の場合も、成長していくにつれて治っていくケースも珍しくありません。

いずれにしても、乳幼児期の子どもの陥没乳頭(陥没乳首)を治そうとして、強い刺激を与えるのは控えましょう。

乳腺組織を傷つけ、乳腺を破壊するリスクがあるためです。

乳腺は授乳の際に母乳を作り出す大切な器官。あまり神経質にならずに、まずはお子様の成長を待ってあげてください。

真性の可能性が高い場合は手術が確実だけど…

ある程度お子様が成長して、より真性の可能性が高くなった場合は手術して治療するのが一番確実な改善方法と言えます。

しかし、急いで手術する必要はないでしょう。身体が完全に大人になってからでも問題はありません。

高校生でもまだ成長過程といえる為、大学生になり真性陥没乳頭が疑われる場合は、一緒に病院の診察を受けてみて専門医師の意見を伺ったほうがよいかもしれません。

お子様の成長を見守りながら最善の策を考えよう

陥没乳頭(陥没乳首)の場合、見た目で悩むことが多いでしょう。

また将来授乳するときに母乳育児できないかもと悩んでいる方もいるかもしれません。

しかし、成長と共に治るケースも当然あるため、気にしすぎのケースが多いのも事実です。

もしお子様が陥没乳頭で悩んでいる場合は、「成長すれば治る可能性もあるからね」と、あまり気にしないように伝え、成長するまでまずは見守ってあげましょう。

  • ご愛用者の声
  • 陥没乳頭の原因
  • 成功へのヒント
  • 吸引器の使い方

この記事の監修者

この記事の監修責任者

陥没乳頭改善ピュアナス開発事業本部

陥没乳頭で悩む方へ専門医と連携し陥没乳頭改善・専用バストクリームの
ピュアナスを2016年より開発、2017年3月に発売。
「世の中の女性をもっと美しく。」独自企画・開発した本物の商品をお届する為、
日々研究開発を行っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
陥没乳頭・陥没乳首改善のピュアナス(purenas)の購入はこちら

お喜びの声を多数頂いております→

関連する記事